アナザー公演♪

こうみゆうです。
いやあ見てきましたよ、今年も!
アナザーカンパニー公演は今年で8回目だそうな。(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
私はえ~と、2回目からですかね。→アナザー
うわー『桜の森』ってもうそんな前なんだなー
大道具の桜の花びらつけたなー(笑)(´~`)トオイメ・・・

今年は「大江戸スタイルブック」と銘打っての公演。
江戸庶民の風俗を当時の写真で解説してくれて、
江戸のおかみさん、大工さん、子守などが舞台に現れて踊ってくれました。
なので盛りだくさん♪
鰹売り、越後獅子、手習子、などなどが続けざまに見られてお得!でした。
今回はいつもの強力メンバーに加えて、さらに出演者が多くなったので、
さらにさらにお得感ほくほくでしたよ。
これからも幅が広がるのかな~と思えました。


日は前後しますが。
その前日に弟子仲間のSちゃんと『稚魚の会』を見てきました。
Sちゃんのお友達が連獅子で仔獅子を踊るというので。
彼の舞台はえ~と今回で4回目、かな??
とにかく!踊りめちゃうまなんで、都合がつけば必ず行くことにしてます♪
いちおう曽我の対面とか本朝廿四孝とかお祭りなんかもありましたが、
連獅子だけでもうおなかいっぱい♪♪
前から2列目センターという「よい席」で!
二人して「かっこいぃ~!」「きゃあぁ!」と騒ぎまくっておりました・・・
(実はSちゃんは親獅子のヒトも大ファンで…ヨダレモノだったんです)
いつも彼の踊りを見て思うのは
「あの腰ほしい・・・」(笑)
その安定感、ぜひ私に下さい!と思います!
Sちゃんいわく、「だって時間があれば稽古してるもん」
稽古あってのモノってことだよね、と二人して反省しつつお茶して帰ってきました。


そんなこんなで、気持ち新たに「おし!稽古!」モードな週末だったんですが、自主稽古、今週は都合がつかず。
「じゃ土曜日ぶっつけで」
コワイ土曜日になりそうです・・・
[PR]

# by mew2_fish | 2005-08-22 23:30 | 芸能 | Comments(2)

顔をべろ~んっ

こうみゆうです。
なんか雷だの地震だの、最近多くありませんか?
ウチの方は落雷で電話が故障した家がけっこうあるらしいです。

さて、今日は幸雅さんと自主稽古。
先週は3時5時で稽古だったんですけど、
幸雅さんが所用で3時しか合わせられなかったんで、
今日もろもろ確認しましたよ。
んなわけで、先週の5時は久々に椀久ひとり稽古でした。
師匠と1対1の稽古って、ほんと久々~(*´σー`)エヘヘ
2人での稽古が薄いってわけではないんですけど、
(このブログでおわかりのとおり・・・)
やっぱり実が詰まってるというか、充実感がありますねっ(#^.^#)
1人なんで、とくにタマのところの形を徹底的に直していただきました。
前々から口すっぱく言われ続けてきているのが腕なんです。
顔の前からあける腕、顔の前を通って下から上がる腕、・・・
要するに顔の前に上がる両腕の間隔が思っている以上に広いらしいんです。
自分では注意されるのでやっているつもりなんですけど・・・
で、師匠に言われたのが「顔をべろ~んとなでるつもりでやんなさい」
やってみると、自分の感覚では「え~??」と思うほど狭い!
んですが、「それくらいでアンタはちょうどいい」らしいんですねー
自分の思っているカラダの空間て、
意識しないとすっごく狭くなっちゃうのかもしれませんね。
意識すると「あ、もっといける!」って思いますもんね。
この感覚忘れないようにしとこー

あ、そして今週はお稽古はお休みなんです。
なぜなら師匠プロデュースの公演が本番だから。

*****************************************************************
<アナザーカンパニー公演♪>

「夏休み親子で楽しむ日本舞踊の世界」其の十二 手話解説付
◆大江戸スタイルブック◆

日時:品川「六行会ホール」京浜急行「新馬場」北口下車徒歩2分
   平成17年8月19日(金)午後5時開場 午後6時開演
       8月20日(土)午後1時開場 午後2時開演
       8月21日(日)午後2時開場 午後3時開演
※3日間とも時間が違います。ご注意下さい。

料金:親子ペアー(大人と中学生以下)4,000円
   大人            3,500円
   小人(中学生以下)      1,000円

出演:西川扇与一・水木佑歌・西川大樹・若柳里次朗・藤蔭美湖
   藤間藤京保・山口千誉(花柳寿太一郎さんの娘さん)
   ☆日替わり出演:藤間恵都子・花柳寿太一郎

詳細はコチラ
アナザーカンパニー
******************************************************************

これねーほんとおもしろいんですよ。
身びいきじゃなく。
毎回毎回、発見があり、日舞の楽しさを教えられるのですよ。
ロビーで三味線や太鼓、琴なども弾かせてもらえますし、
去年は連獅子の頭を載せてもらいました♪♪♪
くどいですけど、ほんとおもしろいですから!
お時間つくって是非!
見に来てください。\(^o^)/
[PR]

# by mew2_fish | 2005-08-17 23:26 | お稽古 | Comments(3)

やったぶんだけ♪

こうみゆうです。
いやーこう毎日暑いと溶けちゃいそうですねー

こないだは5時の枠1時間の稽古でした。
前の週のダメを自主練で研究して臨んだわけです!
椀久は花道の出、
松山はおこつき、
(↑って一般に通じてる??ちょっとした何かでよろめく、みたいな)、
そろってはタマの初めと、手紙のタイミングを重点的に。
そしたらですねー♪
やったところはほとんどOKもらいましたぁー♪
ウホホ(o ̄▽ ̄)o""o( ̄▽ ̄o)ウホホ
「うん、研究の成果が見られる」
今回は、もちろん新たなダメももらいましたけど、
OKが多かったんですよー今までにないくらい。
やっぱりね、うれしいです。ハイ。
「これで油断しちゃだめよ、来週できるかなんてわかんないんだから!」
とクギも刺されましたが、うれしいですよ。
ちょっとずつですが、やったぶんだけ進んでるんだなーホホホ。
もどっちゃわないようにがんばらねば!
それと同時に、新たなダメもがんばらねば!
今回は、「筒井筒」と、毎回ですがタマですね。
「筒井筒」では
「う~ん、そこの椀久は弱いっつーかねーなんというかねー・・・」
「わかった、薄いんでしょ?」
「そうそう、薄いの。存在が」
というダメをくらいましたので、がんばりますよ。
自主稽古は今週は木曜日です。
[PR]

# by mew2_fish | 2005-08-10 12:30 | お稽古 | Comments(4)

十二夜

こうみゆうです。
台風一過!あっつかったなー今日は!
きっと飲めるヒトは「ビールがうまい!」となるんでしょーね。
ワタクシは飲めないんで、ちょっと淋しい気もします。

さて、こないだ久々に歌舞伎座へ行ってきました。
そう、『NINAGAWA 十二夜』!
蜷川さん歌舞伎初演出、しかもシェイクスピアですからねぇ!
かなり期待して、これまた久々に3階より下の席をとっちゃいましたよー♪
やっぱり下は舞台が近いなぁ(笑)(*´σー`)
しかし2階の後ろの方だったので、花道は七三がギリギリってところ。
「やっぱりちょっと花道が切れるね~」
と連れと残念がっていたのですが・・・!
幕が開くとなんとびっくり、鏡ばりなんですよ、舞台奥が!∑( ̄□ ̄)
なので、客席が映るんです。
これって歌舞伎座にはかつてなかったことじゃないかなぁ。
花道も鏡のおかげで、本舞台に向かってくる役者さんが見えました♪

さて『十二夜』ですが、
演劇が専門だったくせに読んだことがなかったんで、ヽ(エ` )オイオイ
見る前にちゃんと予習して行きました。(笑)
いやいや、予習しといて正解!
たしかに予習しなくっても話はわかるんですけど、
名前がどう変わってる、とか、誰がどの役をやってる、とか、
このシーンをこうやって演出したのか、とか、
倍は楽しめましたからね。
たとえば
セバスチャン → 斯波主膳之助(しばしゅぜんのすけ)
オリヴィア  → 織笛姫
などなど。笑える。

話は、生き別れになった双子の兄妹の妹のほうが
男装してある大臣に仕えるのですが、妹は大臣に恋をし、
大臣はある姫に片思い、そしてその姫は男装の妹に恋をして・・・という、
とーってもシェイクスピアな喜劇です。
で、やっぱりセリフも、とーってもシェイクスピアなんですよ。
言葉遊び(っつーかダジャレ?オヤジギャグ?)が巧みでね。
これをどうやって歌舞伎にもってくるのかなーと思ってたんですけど、
なんと、マンマもってきてました。(▼皿▼メ)ナメトンノカワレ
いやいや、もちろん場所は日本の伊勢になってますし、
いわゆる歌舞伎のセリフまわしっぽくはしてありましたけど、
90%はそのまんま小田島さんの訳をひっぱってきてました。
アレー?(°_°;)
・・・またしかに、あの訳を歌舞伎っぽくしろっつっても難しいんでしょーが・・・
セリフはまあしかたないとして、も。
・・・だんだん見てるうちに、飽きてきました。
最初はすごーいと思った鏡も、ただのびっくり装置のまま、
鏡であることを特にナニに使うでもなく場面転換だけに使われ。
そしてその場面転換がこれでもかってくらいヘタ。
すべて盆まかせ。
まわしゃあいいってもんじゃないだろっ
たしかに場面転換多いんですけど、何も原作のとおりやんなくっても見せられるんじゃない?と思わずにはおられませんでした。
その点、野○秀樹の場面転換はスムースだったなー。
それと、音。
始まりでオルガンが鳴ったり子供が歌ったり、まそれはそれでアリかなーと
最初思ったんですが、そうたびたびいわゆる「音響」やられちゃうと・・・
アレでは下座はいりません!(苦笑)
全部テープにしたらよろしいがな。
セリフだってまんま持ってきちゃうんだったら、義太夫もいらんでしょー。
なんて中途半端に「カブキ」っぽくしようとしてるのかしら、とプンプンでした。

そう、「中途半端」。
感想を一言で言えばコレですね。
中途半端じゃなかったのは役者さんたちくらいですよ。
ほんと役者さんたちはすばらしかったです!
今回はニナガワさんの負け。
あれを歌舞伎でやる意味がどこにあったんでしょーかね。
だってねー大向こうが声かけらんないんですから!(爆笑)
声がかからず、下座もいらず、義太夫もなく、見得もきらない。
これって歌舞伎??

そんなこんなで、久々の歌舞伎はちょっと残念なカンジになっちゃいました。
おしまい。
[PR]

# by mew2_fish | 2005-07-27 23:47 | 歌舞伎などなど | Comments(0)

地震でしたー

こうみゆうです。
こないだの土曜日は5時から1コマの稽古でした。
その前に池袋で用事を済ませてから向かったわけですが、
駅について改札出るところで、
「あ、今すっごい揺れなかった?!」
と、女の子が言ったんです。
「地震??」と思ったんですけど、私は何も感じず、そのまま地上へ。
すると背後で地下鉄運休のアナウンス。
「えーほんとに地震だったんだーへー」
なんてノンキに師匠の家へ向かいました。
途中のビルのエントランスで
「エレベーターが止まってて上まで行けないよー」
と言ってる人がいたりして
「そんな大きい地震じゃないだろーにヘタレなビルじゃな」
とも思ってました。
んで、稽古場についてみると地震の話でモチキリ!
「んな大きな地震だったの?」
と聞くと、
「え!わかんなかったの?!」
なんと聞けばけっこう大きな地震だったそうで(汗)
しかも!
自宅は東京で一番揺れた区なのでして。
たしかに足立区は地盤がユルイんですよ、海でしたしね。
海抜0m地帯ですしね。
満ち潮になると川が逆流しますしね。
ま、震度5強ということでしたけども、ウチに電話したら
「あんたのタンスの上のものが落ちたくらい。あと金魚の水があぶなかった」
くらいで済みました。
しかしその後の交通麻痺のが大変でねー!
その後の子たちが軒並み足止めをくらい、当然私たちも帰れず。
ま、おかげで2時間稽古できちゃったわけですけど(笑)

は!
ぜんぜん稽古の話じゃないじゃん!
・・・まーあのー、いつもの通りダメをたくさんいただいた、と。
私たち的には、こないだの自主稽古が効いたのか、
先週よりは断然気持ちよく、ラブラブでした♪
今週も自主稽古でおさらいです。
[PR]

# by mew2_fish | 2005-07-24 23:40 | お稽古 | Comments(2)

気持ち→からだ作戦!

こうみゆうです。
東京も梅雨が明けましたねー!
これから暑い日が続くわけですねーむむむ。

先週は幸雅さんとの自主稽古ができなかったので、
3時の枠で自主稽古することにしました。
しかし途中から師匠が見てくださって。
・・・何かガマンならんかったんでしょう(笑)

今回の稽古の目玉は足運びと、花道です。
先週の稽古で出たダメが、予期せぬカウンターでけっこう効きまして。
「花道がねー"やってます!"ってかんじなのよねー」
「と、いいますと??」
「こうやったらこう見える、っていう計算?みたいなものがね、見えるのよ」
はにゃにゃ~。。。(mー_ー;)m ガックリ...
自分なりに、半年稽古して、
ここはこうした方がいい、とか、もっと気持ちを入れて、とか、
「よりよい方向」に進めてきたつもりなんですよ、ね。
その半年の結果がコレかよ、と思うと、けっこう落ちました。
ずいぶん薄っぺらなもんができちゃったなー。
なんかアレみたい、こっちの抽斗を押したら別の抽斗が飛び出すみたいな。
しかもどうやったら直るっつー種類のダメではないので、
途方に暮れましたよ実際。
しかし暮れていても次の稽古はきて、さらに本番はくるのですよ。
1週間途方に暮れたあげく、なんもやらないよりは、と、
「音無視!気持ち→からだ」作戦を決行!(°_°)ナンジャソリャ?
とにかく、音に遅れようが気持ちが行かなければ体は行かない、と。
きっと体先行でやるからダメなんだろーなというのがあったので。
んで、その結果。
「うん、花道は先週よりよかった」
おおー!!当たり!!♪
やっぱりこの方向でよかったんだーよかったー
たまたまよかったのかもしれませんが、
ちょっとしばらくこの感覚を保持してみようかと思います!
ま、また来週になると別の抽斗がピョコンと出るんでしょうけど(笑)
あ、でもでも!
「ようやく大学生くらいにはなったかな」
やったー♪( ^ ^)/U☆U\(^ ^ )
もちろんダメはまたたくさんいただきましたんで、
幸雅さんとの自主稽古でおさらいしたいと思います。
[PR]

# by mew2_fish | 2005-07-20 09:55 | お稽古 | Comments(0)

一挙3本立て

こうみゆうです。
今日は朝からあっつい!
駅まで自転車なんで、電車に乗るときは汗だくです。
しかし地下鉄はめっちゃ寒いんで、あっという間に汗が冷えます。
これから外と中の気温差に悩まされる日々が続きますね・・・

さて土曜日はお稽古。
5時からの1時間だけだったんで、その代わりにVTRで稽古しましたよ♪
家元の椀久と大先生、師匠の椀久と他流派の方、同門の先生の椀久と師匠の松山の一挙3本立てです(笑)
三種三様で、どれもこれも勉強になりました!
自分たちの稽古の前に見たのは家元の椀久。
いや~いろいろ感慨深かったんですけど、なにがすごいって、情けないけどイイ男の椀久なんですよ。
3本の中では、師匠の椀久が私にとって一番よかったんですケド、師匠の椀久はかっこいい椀久なんですよね。
きりっとしてる椀久です。
でもねー家元の椀久は、ホントなっさけない男、でも超イイ男。
ああこれなら身代つぶして座敷牢に入れられちゃったのもうなづけるワ、という椀久でした。
あとね、足です!
私の倍以上、足運びが細かい!!倍以上ですよ!(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
「ね?あの足、ああじゃなきゃ椀久じゃないのよ」と師匠。
はーすっごいなー!
よーし、じゃ私も気合入れて!と稽古で実践!
・・・ですが、なかなか(笑)
急にやろうっていっても、なかなかできないもんですねー
自分の足につまづきそうになりましたー(^^ゞ
でもがんばって、ここは徐々に細かくできるようになりたいです!

で、先週の宿題ですが。
「今日のは、退屈じゃなかったよ」
と、一応及第。ほっε- (´。`*)
「演じる側が退屈ならそりゃ見てる方は退屈よ。
演じる側が何かを思って踊れば、やっぱり見る側にも何かが伝わるのよ」
ほんとに、同じ振りなのに、気持ちで全然変わるんですね。
肝に銘じます。
「今日は息もあってて、まあまあよかったわよ。タマの前までは」
と、お褒めの言葉もいただいたんですが。
「でもねー!タマがねー!」
そうなんです・・・―(T_T)→グサッ
今回はね、稽古を始めて5ヶ月ですけど、一番気持ちよく踊れたんですよ!
・・・タマの前までは。
いや~タマ、ぼろっぼろでしたねぇ。ていうか、ドタバタでした。
「せっかく筒井筒までしっとりきたのに、なんでここでドタバタになっちゃうの」
稽古のあとで残りの2本を見て思ったんですけど、圧倒的に違うのが、やっぱり「色気」!
タマの忙しい動きの中にもしっとり感があるんです、オトナの。
でも私たちのは、ホコリが舞ってるような踊りになっていますね。
踊ることでイッパイイッパイです。
「もう途中でチェックやめちゃったから、言うことはない。宿題ね!」
と、また宿題もらっちゃいました・・・

稽古が終わって、幸雅さんが言いました。
「数こなすだけじゃダメだけどさ、数こなさきゃうまくなんないよね」
ああ、ほんとに、そのとおり。
がんばりましょう!
[PR]

# by mew2_fish | 2005-07-11 10:07 | お稽古 | Comments(2)

宿題!!

こうみゆうです。
今日はちょこっと涼しい東京です。

昨日は幸雅さんとの自主稽古。
今月からお弟子さんが増え v(≧∇≦)v ヤッタ!!
週2回の稽古になったので曜日変更です。

とにかく宿題を!ということで、「筒井筒」から稽古。
しかし1度踊ってから、二人で考え込んでしまいました。
「ココさーどうやったら退屈じゃなくなるんだろね」(-_-;)
「ココこそ"会話"が必要なんじゃない」( ̄◇ ̄)
「でもココってイマイチ何やってんのかわかんなくない?」┗(´Д‘)┛OH...
「悲恋を思って悲しみにくれてる・・・てかんじでもない」(ノ_<。)クゥーッ
「それより大和楽みたいなシットリしたかんじじゃない?」(゚ρ゚)
「それじゃーやっぱり退屈なんじゃん!(爆笑)」o(^0^;)o
あーでもないこーでもないと迷える子羊はさまよったあげく、
甚だ不安げにこんなことを試してみることにしました。

・動きにメリハリをつける?
・振りの軌跡を大きくしてみる?
そして椀久は
・もっと「いい男」を意識してみる?

考えててもしょうがない、とにかくやってみました!
が、そうですね~・・・正直なところ、変わったんだかわかりません・・・
あ、でも変わった。
踊っている本人たちは退屈じゃなくなりました(爆笑)
それに「椀久は気持ちいい」という師匠の言葉、
ちょっとわかったかんじ?
以前「考えすぎなんじゃない?」と言われたときに、
そっかあんまりここは考えず淡々と踊ればいいのかなー
と勝手に解釈していたんですけど、そうじゃなかったんですね。
なんか、もっと松山を見る、松山を感じることを意識すると、
あら、なんか気持ちいいかも?と思いました。
あとはちょっと、師匠に見てもらって再宿題かなー・・・

それと、こないだも思ったことですが、
そろそろこの踊り全体を「外」から見ることが必要だなーと。
いままで「内側」からもがいていましたけど、
「外側」から意識をすることをしないとダメかなーと二人で話したんでした。
いままでも「自分ではやってるつもり」が全然そう見えてない、というのもお互いにあり、まそうゆう形の話だけではなくて、
二人椀久という踊りの宇宙を考えよう、ということです。

今週は土曜日1コマだけなんで、気合入れていきますよー
[PR]

# by mew2_fish | 2005-07-06 16:15 | お稽古 | Comments(2)

三者凡退てなわけで

こうみゆうです。
東京は雨です。
梅雨ですからねー降らないと困るんですけど、やっぱり鬱陶しいですね。

先週は師匠多忙につき、土曜の稽古が日曜に変更になりました。
3時と5時に1時間ずつ稽古です。
3時は一度通しました。
が、もーボロッボロでねー(T_T)
とくにタマになってからは、動きも気持ちもかみ合わなくって、
手紙はドタバタで終わってしまいました。
「今のは自主稽古?」
と師匠に言われてしまいました・・・

1.気持ちがつながってない
出の花道のダメ。とくに前半。
一つ一つの振りの気持ちは出るけど、それぞれがつながってない、と。
ん~思い当たるフシはある・・・
自分の中ではつながっているつもりなんですよ、でも、「つもり」なんだろうな、という"思い当たり"です。
「つもり」ではがんばっても外には見えませんね。

2.たいくつ・・・
やっぱりね、と思いました(苦)
「筒井筒・・・」から始まり、ラブラブ踊りまでのくどき。
動きがゆっくりで、松山は泣いてるし、なんでここで本を読んだり読ませたりしてるのか、イマイチわからない。
正直、正直に言って、私も退屈だなーと思いながら踊ってます!( ̄(エ) ̄)ゞ
踊ってる本人が退屈だなーと踊ってるんですから、見てるほうももちろん退屈でしょう!
「この踊りを知ってる人なら、早くタマにならないかなーと思って見るわよ。
ほんとはね、ここは気持ちいいのよ。椀久はいい男でうっとりしながら踊れるんだから。もうちょっと工夫しないと、これじゃほんとに退屈」
うむむ・・・工夫。
といわれましても・・・どうしたらいいんでしょうね。
宿題になっちゃったんで、今度松山と相談です。

3.空間を感じてるわけ?
というのは、ある振りで扇子を柱にひっかけて落としたんですよ。
先週の稽古で逆の左手を注意されていたので、そっちばかり気にしてたらガツンと。
「あのね、落としたことじゃないのよ。
いきなり柱が空から降ってきたわけじゃないでしょ、柱はそこにあったんだからさ、自分の位置でこのままじゃ柱にぶつかりそうだなーと思ったら手を下げるとかできるでしょ。
それがぶつかったっていうのは空間を感じていないから。
自分の腕分の空間も感じられていないのなら、松山の動きも見えてないし、舞台の空間もつかめていない」
まったくおっしゃるとおりで・・・。
自分の形とかばかりを気にしていて、松山はおろか舞台全体のことは頭からすっかり消えておりました。
あらまーなんてちっちゃい椀久でしょ。
もちろんいい形で踊ることは大切ですけど、そろそろちゃんと全体をとらえていかないといけません。
うまくいえませんけど、椀久の大きさ=舞台を「二人椀久」という踊り全体を踊れているか、なのかなーと思いました。

そんなこんなで、たっぷりダメをいただき、5時にもう一度稽古して終わりました。
塁に出ようとしてるんですけど、なかなか2塁までも行きません。
いやーもう7月ですよー。
あと半年?ひえー!(ノ゚ω゚)ノ
これなんとかなるんでしょうか、だいぶ焦ってきましたよー。
今週は火曜日に自主稽古。
宿題たっぷりもらったので、がんばります!
[PR]

# by mew2_fish | 2005-07-04 12:25 | お稽古 | Comments(0)

ノックアウト・・・

こうみゆうです。
東京は梅雨明けかと思わせるような猛暑が続いてますが・・・

そんな中、土曜日は2週間ぶりの稽古でした。
3時と5時の2回。
が。
3時の稽古がほかの人と変更になっていたらしく、
ちょっとした行き違いで私に連絡がこなかったんで、
5時から1時間の稽古になりました。(^^ゞ
師匠は妹弟子にあたる人の結婚披露宴がはねてから帰ってきて、
稽古を見てくださいました。
今回の稽古のテーマは「大人な椀久!」
前回の稽古で「高校生」にまでは年齢があがったので、
今回はさらに大人な椀久を目指し、気合いれてやりました!
が、結果は惨澹たるもので・・・
今回のダメのなかで大きかったのは「足幅が広い!」でした。
これも前々からことあるごとに指摘されていた私のダメなクセですねー

足幅が広いとどうなるか。
①色気がなくなる
②音に間に合わなくなる

①はもう、想像がつきますよねー
バッサバッサ歩かれたんでは、男も女も色気なんて出ませんよねー
②なんですが、ラブラブ踊り地のような忙しい音や、
だーっと松山を追いかけるところなんかだと、逆にスピードが出ないんですよ。
これは師匠に言われて初めて気がつきました。
細かい足運びで行かないと、ほんとに間に合わない。
稽古場でそうなんですから、本舞台だと到底ムリっす。

んなワケで、大学生カップルくらいにはなろうと目論んでいたんですが、
あえなくノックアウトですー(*´д`;)…
来週こそは・・・!
[PR]

# by mew2_fish | 2005-06-27 18:45 | お稽古 | Comments(2)