タグ:藤娘 ( 35 ) タグの人気記事

たつの会

こうみゆうです。
4月2日、たつの会本番でした。
なんとか天気ももって、盛会でした(^^)

自分の支度が始まる前までの演目は
ほぼ全部見れましたが、
この劇場は楽屋や支度部屋に
モニターがないので、
支度中の演目が見れないのがイタイ!
支度が終わったら直前までは舞台袖から
黒御簾越しに見れるけど・・・

お付きをしてくれた幸雅さんが
支度中の写真を撮ってくれました。
d0000212_17225062.jpg

完成!
d0000212_17225023.jpg


かなり個性的な藤娘!
師匠のセンス、やはり盤石!

師匠 「気に入った?(^^)」
私    「うんっ♪♪♪」

支度でだいぶ娘度を上げてもらえました!


もともと、私はすごい緊張しいです。
舞台袖で魔法の呪文を唱えて
舞台に上がるのですが、
途中セリの溝につまづいてから
急に緊張が復活して、
半分踊った記憶が飛んでます。
雑念ばかりがライトの明るさと共に記憶されています。
後半は楽しかったけど、
・・・やりきった感まるでなしです。

あの稽古はなんだったのか、、、、
不甲斐なさ、ばかり。

・・・DVDが、逆に、待たれます・・・
外からは、あのバタバタがどうみえていたのだろう。

あー本番て。
あー本番て。
生の舞台って、こうだよね(笑)

でも稽古したから、
あそこまでは乗せられたのだ、
と思いたい。


そして。
千秋楽の師匠の『夕月船頭』。

私は高校生の妹弟子と見ていたのですが
涙が出るほど圧倒されたのでした。

師匠の踊りは3Dでした。
物語が立体なんだ。
立体で舞台上に存在する。
私のは物語ったって、ただの平面だった。
平面でぶつ切り物語の紙芝居。
でも師匠のは、触れる物語なんだもの。

私      「・・・なにあれ」
妹弟子 「ね。なんであんな若返るの?」
私     「先生飛んだね」
妹弟子 「腰痛いんだよね」
私     「ペラペラだったね、我々」
妹弟子 「ほんと。ペラペラだった」

ふたりで打ちひしがれたのでした・・・
打ちひしがれ、
そして、師匠の弟子であることに、
幸福感満載でした。


くそー
もっと上手くなりたい


稽古は再来週から再開。
今度は何を踊ろうかな。
・・・娘以外だね(笑)

苦しくも楽しい、娘チャレンジでした(^^)

[PR]

by mew2_fish | 2016-04-03 16:38 | お稽古

下ざらい終了!

こうみゆうです。

さあ本番まで1週間!
今日は下ざらいでした。
本番と同じ舞台でできるなんて、
本当にありがたいことです。

舞台袖から中央までの距離、
色紙からの距離、を確認できました。

そして、藤。
d0000212_23231854.jpg



・・・重い・・・!!!
か、片手で持ち上げられない!!

たくさん花が付いてるわけではないけど
長さもあるし、バランスなんでしょう。
出番前に小道具さんにお願いして
舞台袖で持たせていただいたのだけど、
ぜんっぜんダメ・・・

あきらめて両手で回しました。
ゆるしてね。


さあ、明日は最後のお稽古です。

[PR]

by mew2_fish | 2016-03-25 22:37 | お稽古

塗りつぶす

こうみゆうです。
春の陽気!と思ったら真冬に逆戻り。
なかなか一足飛びに季節は進みませんね。

さて今週は師匠多忙につき変則稽古。
本日日曜日に振替でしたが、
土曜日も幸凛さんが代稽古してくれる、
というので、ありがたく両日稽古日に。

土曜日のお稽古では、
出の猛突進はスピードを緩める、とか、
手ぬぐいの扱いのことなど、
細かな軌道修正をしてもらいました。

今日は昨日の軌道修正を実践。
出のスピード、緩めたけど、
ちゃんと間に合う感覚があって発見でした。
実際の舞台の寸法でどこまでたどり着けるかは、下ざらいでお試しですね。
一度通して、師匠からは首の振り方など
細かなひっかかりを塗りつぶし。

扇子の扱いがどーーーしてもヘタッピで
悔しいから、どんなに遅く帰っても、
寝る前の5分練習してたら、
やっぱり少し向上した、気が、します。

今日は動画を撮ったので、
外の目からも塗りつぶし。

はー

下ざらいが終わったら。
あとは、ガツガツしないんだ。

「きれいなものを見て踊るのよ」

という師匠の言葉を飲み込むだけにします。

<頂き物>
弟子仲間のタカさんから、
バレンタインに何も差し上げてないのに
ホワイトデーに頂きました!
わーいアンリ・ルルー٩(ˊᗜˋ*)و
d0000212_20361635.jpg



[PR]

by mew2_fish | 2016-03-13 20:13 | お稽古

追い込み

こうみゆうです。
なんと。
4日前から、
・・・花粉症を発症してしまいました(´༎ຶ۝༎ຶ)
一生逃げ切れるかもと思ったけど
ダメでした・・・
友人たちのアドバイスを受け悪化させないように頑張ってます。


さて今日は日曜日ですが、
昨日の分の振替でお稽古でした。
師匠が多忙で、来週も変則稽古。
もう、本番まで1ヶ月を切り、
みんな追い込みです。

追い込むのも追い込むのですが、
とにかく、

怪我をしないこと!
風邪をひかないこと!
お腹をこわさないこと!

この時期は体にも気を遣わないとね。
これから本番まではナマモノも控えて
電車に乗り遅れそうでも走りません(笑)

来週は動画も撮るかな。
最終の、外の目チェック。


<たつの会本浚い>
日時  平成28年4月2日(土)
            10時半開場
            11時開演
会場  日本橋劇場(水天宮/人形町)
d0000212_20241503.jpg




[PR]

by mew2_fish | 2016-03-06 20:04 | お稽古

ナマモノ

こうみゆうです。
寒いけど春の端っこがひらひらしてる、
そんな感じがします。
沈丁花も香ってきたしね(^^)

なかなかに仕事がハードでして、
睡眠が明らかに足りてません。
今日は全然眠気が去らず、
友人と会ってバイバイしたあと、
電車で寝落ち・・・(笑)

稽古も眠気で沈んでました。

踊ってても、まったくもって、
板の間は固いまま。
魔法かからず照明あたらず、
こんな踊りをしてる場合じゃないのに!
と、思いながら辿っていました。
でも、仕切り直しはもっと意味がない。

師匠 「そういうことも積み重ね」

舞台はナマモノだから。
全て万全の状態で板に乗れるなんて、
奇跡です。
眠くても疲れてても、
幕はあくし、本番は1回しかない。
その時のベストを尽くすしかない。

2回目は、体もあったまったし、
背中のスイッチを押したので、
客席も見えたしマシに踊れました。

ほんと。
どうやって自分を持っていくか、
それに尽きるな。
うん。

[PR]

by mew2_fish | 2016-02-27 20:12 | お稽古

定規、トマレ、語尾ハート♡

こうみゆうです。
花粉症は踏みとどまっておりますが、
まわりはヤられ始めてますね。
本番はたいてい春なので、
毎回花粉症の仲間は大変です。


もう2月も半ばを過ぎてしまいました。
数えたらあと5回しか稽古できない・・・!!
なんでこう、毎回毎回うかうかしちゃうんだろう・・・


先週、注意されたこと。

首が前に出る。
止まる。
落ち着いたけど娘っぽさが薄れた。

首。
背中に定規を入れて寄り掛かって踊る。
けっこう、ハード・・・
中からの感覚は相当重心後ろだけど、
外からはそうしないと普通に見えない。
やっかいな首め・・・

止まる。
・・・音を聞けるとこまで聞く。
それしか対策がわからなかった。

娘っぽさ・・・・・・
首を曲げる、とか、小さくなる、とか
いろいろやってきたけど。

ピンク♡とか
kawaii♡とか

・・・結局、語尾にハートがつけば
なんとかいけるんじゃないか。

・・・自分にないものを絞り出すって、
つらいなあ(笑)
でもシノゴノ言ってる時間はないし、
より良いものを見せるためには
出来る限りを尽くすしかないのです。


師匠 「まあ。総体的にはよかった。
        先週よりマイナスにはなってない」
私    「(ゼエゼエ)よ、よかった・・・」
師匠 「今日は何をどうしたの?」
私    「定規、トマレ、語尾にハートです」

笑われたけど(笑)、
特に、語尾ハートが効いてる、と。
定規とトマレは必須だからね、技術として。
語尾ハートは、結果トマレにつながったかも。
絞り出してるとはいえ、なんか、
端々に女子っぽさが増した気もしました。


マイナスにはなってなくて、
総体的に悪い雰囲気でなくて、
よかった。本気で。

来週も、これを積む。
その次も、積む。
ちょっとでも良い嵩を増やす。
本番直前の直前まで、
みーんなそんな感じだよね。

がんばる。

<今日のkawaii♡>
先生から頂いたおひなさま羊羹♡
d0000212_20473623.jpg



[PR]

by mew2_fish | 2016-02-21 19:27 | お稽古

ハネル、とは

こうみゆうです。

2日前につぼ合わせが終わりました!
d0000212_20550663.jpg

衣裳さん、鬘さん、後見さん、音響さん
いつもいつもの皆さんで心強い♪
毎度の長丁場ですが、
ワイワイ賑やかに終わりました(^^)


で、今日の稽古。
先週の幸凛さんとの稽古で考えたことを
消化していこうかと。
ぼかす、と幸凛さんは表現しましたが、
大筆で描くようなイメージで
踊ってみようかと。
いままでより、筆を大きくして、
水もたっぷり含ませて、
シャッシャと踊らない。

師匠 「ちょっと大人びたわね、娘々してない。
        気負ってなくてそれはよかったけど、
        もっと手踊りはバネで踊らないと」
私    「・・・バネっていうと
        またぴょんぴょんしちゃいそう」

上下運動のぴょんぴょんじゃなくて、
身体の内側が跳ねるのだ、と。
要は、ノルかノラナイかってこと?

師匠 「技術で言えば、一番簡単なのは止まること」

止まる、そこから動く。
だから跳ねてるように見える。
流れてると跳ねてるようには見えない。

私は本当によく、止まれ止まれと言われます。
そうか、なるほどーー
師匠と踊ると、全然止まれていない事に
改めて気づきます。
で、まだまだ止まれる事に気づきます。

師匠 「あとは、キラキラの中で踊ることね」

金色の光を見て、明るく踊る。

金色か。キラキラか。
確かに見てた色って、
今日はなんか色調が暗かった。

キラキラを見たらキラキラして、
自然とハネられそうな気もしてきた(笑)

来週はそこも消化!
宿題がたまるーーー



[PR]

by mew2_fish | 2016-02-13 20:25 | お稽古

アクセルから足を離す

こうみゆうです。
あっという間に2月突入!
うかうかしてると逃げていく月ですね。
ていうか、すでに1月の記憶が曖昧・・・

今日は初めての稽古着。
き、黄色って・・・落ち着かない(笑)
d0000212_22291629.jpg

ていうか首!長っ!!こわっっ!!
ろくろっ首のびる直前みたい。


今日は師匠が家元のお手伝いで新潟へ。
なので幸凛センセイとお稽古です。
師匠とは違った視点で見てくれるから、
それはそれでとてもいい勉強なのです。
先生ではなく、観客に近く、踊る人。

私はいつもの通り、
ジャバジャバと出して踊ることを目標に
一度通しました。

幸凛さん 「もっと曖昧に踊ってもいいのでは」

通じて幸凛さんの言うことは
私の言うなれば「空元気」に
重みを入れてくれるものでした。

頑張って頑張って「出す」ことに
注力してきたわけですが、
輪郭だけあって、中の色がなかった。

もっと輪郭を暈すように。
もっと曖昧に。
アクセル踏むところをもっとゆっくり。

言われると、踊りが落ち着いていく。
足元から色が付いていく。

なるほどアクセルか。
すごく空ぶかししてたのか。


不思議です。
きっと、同じことを師匠にも言われてたはず。
私に目指して欲しいカタチは同じで、
視点と、私との関係性で
こんな風に出方が違うのだなあ。

とてもいい勉強になりました。
ちょっとまた、考えます。



[PR]

by mew2_fish | 2016-02-06 20:34 | お稽古

本番の音が来た!

こうみゆうです。
この一週間はほんとに寒かったーー
今日も都心は雪こそ降らなかったけど、
刺すように空気が冷たかったです。
インフルエンザも流行してますし、
いろいろ気をつけねばなりませんね。

・・・そう。いろいろ。
まだ、本番まで少しありますが、
・・・注意深く過ごさねばなりません・・・

本番前になると、必ず、なにか、
やらかしてしまうのです。

お兼の時は下ざらい前日にすべって、
晒しを振るのに、肩から落ちて腕が上がらなくなったし・・・
傀儡師の時も本番2週間前にやっぱり転んで足首捻挫・・・
山姥の時も、あと1歩で玄関、てところで足首をひねってしまい・・・

全て大事には至らずに済みましたが・・・

ここのところ、
稽古場の階段で事故が重なっており、
みんな気をつけてね!
と師匠から注意されたばかりなのに。

本日稽古へ行く途中、
駅の階段からすべり落ちました・・・
幸い全く怪我もせずに済みましたが
メチャ心臓が冷えました。

階段では走らないこと!
とにかく本番を無事に迎えねばね!


そして今日、本番の音が来ました。

師匠 「今までのと違うのが来たから♪♪」
私    「え!そうなの?」

たつの会は地方じゃなくテープなので
毎回藤間達也先生が音を作って下さいます。
なので稽古用の音と変わることもあるのです。
速かったり遅かったり間が変わったり。
まあ、地方だったら生音なんだし、
テープに合わせられるからラクはラクなんですけども。

にしても、師匠が超うれしそう(笑)
オキがだいぶ違うのだけは確認済みで
後ろは聞いてないそうで。

師匠 「さ、どんな音かな〜♪」

もーイジワルだな〜〜(笑)

かけてみると、確かにオキが全然違う!
通り神楽で、なんか、華やか〜♪
でもスピードは稽古用のと変わらなそう、
大丈夫かなーって踊り始めて、
・・・あれ?

あれ、これ、稽古用のと同じ音源。

私    「おんなじだったね!」
師匠 「どんなに慌てるかと思ったのにー」

でも、今回素踊りで、
舞台も暗転からチョンパではなく
明るい舞台へ袖から出て行くので、
華やかなオキに変えてくれたのですね(^^)

・・・あがる!!!

達也先生!ありがとうございまーす!

踊りも、レベル上げていきまーす!!

<本日の帯 by幸凛さん>
女子力たかめ。
だそうです。
d0000212_22480107.jpg




[PR]

by mew2_fish | 2016-01-30 20:28 | お稽古

納得させる

こうみゆうです。
今日の東京は雪の予報でしたが
昼間チラリと舞っただけで、
今のところは月がぼんやり出ています。
積もるとキレイだけど厄介だから、
このまま通り過ぎてほしいなー

今年の目標は「ゆたかに」です。
今日はどれだけ線をはみ出て踊れるか、
みたいなことを考えながら稽古場へ。
大きく踊る、とか、
そういうことじゃないんだよなーーー
ヒントヒント、と思って
玉三郎さんの動画を見てきたけど・・・
なんも掴めず。

やってみたいことの半分もできなかった・・・

師匠 「早い。もっと止まってほしい」

止まる、は、何度も何度も言われて、
さすがに少しは止まれるようになった、
と、思ってしまっていましたが。
気をつけないと、やはり、
ツルツルと踊ってしまう。

師匠が止まってほしいポイントがあり、
そこを私の中からはわからないから、
ポイントの前まで、いっぱいで踊る。
そうすると間に合わないからつい流す。

どこを取ってどこを活かすか、
そのプランがまだ立てられないでいます。

師匠 「いっぱいまで踊ってもいいよ。
        結果流れてしまっても、
        それで納得させられればそれでいい。
        でもそれであーあ、となるのではダメ」

うまいとかヘタとかじゃない。
そうだ、ずーっと前に『助六』の稽古で
同じこと言われたの思い出した。

なんかちょっと違ったけど、
いまのは納得させられたから、
それでいいよ。

そんなこと言われたな。うん。

こうだったから、こうなった。
というのが、うなづかせられれば。
・・・むずかしいけど。


2/11のツボ合わせまでに、
なんか形を作りたいな。

<本日のおやつ>
幸凛さん作のリンゴ煮。
蜂蜜でサラ甘。
大変よろしい(^^)
d0000212_20301413.jpg




[PR]

by mew2_fish | 2016-01-23 20:04 | お稽古