<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『寿々女会』

こうみゆうです。
とうとう桜が咲き始めました。
会社の近くの桜は毎年早くて、すでに3分咲き。
あとコレ、先日原宿あたりで見かけたミモザ。
すごい生命力!
d0000212_1757165.jpg


3連休最後の日曜日。
あいにくの天気でしたが大先生主催の『寿々女会』を拝見しました。
場所は日本橋公会堂。
この日はちょうど東京マラソン当日で、
たくさんのランナーが走っている真っ最中でした。
いつも東京マラソンは嵐のような・・・

嵐にも関わらず、会は盛況でした。
私も受付をほんのちょっとお手伝いをしながら、
みなさんの踊りを堪能いたしました♪
師匠が踊るのは『あやめ浴衣』
幸諒さん、幸峻さんと並んで拝見です。

「久々にエロイ先生だね」
「エロイって・・・(笑)」
「あ、はじまるはじまる!」

セリ上がりで登場の師匠。
会場がどよめく(笑)

3人 「やっぱエロイ・・・」

衣装もよいし、最近師匠の化粧がステキなの。
いやもう、ていうか、背中!うなじ!!
幸峻さんは「目が合った・・・」って射抜かれてるし(爆笑)
結局のところ、「ただのうざいファン」な弟子たちです。
師匠の踊りを見ていると、その世界の空気に引っ張り込まれてしまいます。
このヒトの弟子で本当に本当によかった!と思う。
しかし、前日の稽古で出たダメを反芻し、
ここに近づくにはどうしたらいいのかと立ち尽くしてしまう。
道は遠いなあ。

大先生の踊りも本当にステキでした。
いい会だったなあ。

おまけ:
来年の「たつの会」も、東京マラソンとぶつかるそうですorz
・・・嵐呼ぶなよ~~~~
[PR]

by mew2_fish | 2009-03-24 17:59 | お稽古

果楽

d0000212_17585530.jpg

3連休の初日。
久々のサミットは、前回あまりの行列に
涙をのんだ、銀座にある果楽へ。
生菓子も焼き菓子もきれいでソソられます♪
私はフルーツタルトとノワゼット。
友人はゆずのクレームダンジュと
いちごのショートケーキ。
マスカットのスパークリングジュースも
なかなか美味でした。
ここは石釜を持っているんですね!
だからシュークリームもスフレも
石釜で焼かれてやってくる・・・
今回は頼まなかったが、
次回は挑戦するゼ。
d0000212_17583038.jpgd0000212_1759198.jpg

[PR]

by mew2_fish | 2009-03-23 18:05 | うまいもん

『日芸日舞』

こうみゆうです。
だんだん春めいてきましたね~
毎年楽しみにしている近所のコブシが咲き始めました。
沈丁花も香っていますね。

さて、土曜日は久々に江古田に行きました。
母校はただいま改修工事中なのですが、
中講堂が解体されることになったそうで、
さようなら中講堂企画第一弾『日芸日舞』を見に行ったのです。
私は実習をとらなかったので、あまり中講堂には思い出がないのですが、
やっぱりなくなるとなると淋しいですね。
少し遅れて到着すると、『連獅子』が始まったところでした。
子獅子が同級生の須藤くん:西川扇衛人さん。
最近は弧の会などにも出演されて大活躍です。
特に親しかったわけではないけれど、
私の椀久原風景、実は彼の椀久なのですよ。
そんなのもあってか、彼の踊りは今でも刺激になります。
それと、寿南海先生振付の『あやめ』がとても素敵でした。
本当は恵都子さんの『北州』をぜひぜひ拝見したかったのに、
トリで、出番が6時半くらい・・・
自分の稽古が5時からなので、涙をのんで!
一部だけ見て帰ってきました・・・見たかったなー。。。。

自分の稽古は大詰めです。
なんせ4/4が初ざらいですから、あと何回も稽古できない。
先週の稽古では「あんたは1歩目が腰がのびる」という指摘があったので、
とにかくそこは死守!と思って臨みました。
結果、まあ今回そこは注意されなかったものの、

「もっと指先まで神経を行き渡らせなさい。
 全部中途半端に終わってるわよ」

というダメが出ました。
うーーーー最近の稽古は自分の苦手が目白押しで、
まあだから稽古なんですけども(笑)、苦しいです。
苦しいのが、顔に出ます。体にも出ます。

「そんなさー悲しい踊りじゃないんだけど」
「これは言ったらマシュマロみたいにふわふわした踊りなんだから、
 もっとかわいく、ほのぼの踊ってほしいのよね」

そんなつもりは全くなくても、そりゃ見てても苦しい踊りになりますワ。
胸を柔らかく、広く、指先をしなやかに。
・・・わかっちゃーいるんですけどねー

そうそう、肌襦袢できました!
日曜日に幸薫先生にマンツーマンで教えていただきまして♪
ちょーっと衿がヘンですけど(苦笑)、
どうせ見えないし、稽古で着るんですから十分満足♪
そして4月からは浴衣部第2期が始まります。
やっぱり1枚だけじゃ忘れますよ。
またその模様もレポしますんで、お楽しみに。
d0000212_0133222.jpg

[PR]

by mew2_fish | 2009-03-17 12:02 | お稽古

肌襦袢部!

こうみゆうです。
なんだか今月はせわしない。
気づくと土日祝日が全て予定で埋まっている。
そんな3月ですが、もう1/3過ぎちゃったんですねー
桜の開花予想、東京は今月の25日らしいです。

せわしない気分なのは、松鸚會の準備が進みつつあるからかも。
実は水面下でいろいろ動いています。
今月はチラシ用のキャストの写真撮影が何日かあり、
すでに終わっている方々もいらっしゃいます。
撮影担当が幸峻さんなのですが、こないだチラっと見せてもらったら、
みなさん、まあすごい変身ぶり!!!
へええええ、こんなになるんだーへえええ!
私自身の撮影は最終日、楽しみにしていようっと。
今回は家元が制作なので、ほかにもいろいろ仕掛けがありますよ。
もうちょっとしたらホームページも更新されると思います。
乞うご期待です♪♪

日曜日は浴衣部から派生した「肌襦袢部」でした。
でも実は2回目。
1回目はインフルエンザであえなく欠席したのでした・・・
錦華さんも欠席だったので、2人でちょい早めに集合して
ほかの面々に追いつくべくがんばりました。
でもね、スタートラインが違うんですよ。
錦華さんはパッチワークの先生なんだもん、
手も速いし、布の扱いも慣れてるし、最終形を把握できている。
私なんか切らなくていい所まで切って縫い合わせたり、
またも表と裏と間違えてみたり、様々なトラップにイチイチひっかかってみました(笑)
ほかの面々も、もちろん断然進んでいるけれども、
あちこちで事故が発生していた模様です(笑)
しかも6人中私以外の5人が花粉症で、
「下向くと鼻水が~~~・・・」状態で、これも大変でした。
結局、その日にあがったのは0人(苦笑)
錦華さんは次の日に完成をみました!さっすがー
私もとりあえず身頃は衿を残すのみ。
やっぱり浴衣と違って早いワ。
今週は宿題にいそしみ、来週・・・完成する、か、な・・・
[PR]

by mew2_fish | 2009-03-11 16:24 | 仕立て

稽古と味噌仕込み

こうみゆうです。
東京はず~~~っと天気が悪いです。
昨日の大雪予報はそんなでもなかったですけど。
なかなか春は一足飛びには来てくれませんね。

土曜日は2週間ぶりの稽古。
先週はインフルエンザで休んでしまったのでね。
4月4日にウチの初ざらいがあります。
それに向けて、去年やった『蓬莱』『操の松』か、
どっちをやろうか悩んでいたのですが、
結局『蓬莱』をかけることにしました。
先々週決まったのですが、『操の松』のあとに踊ってみたら、
まあすっかり忘れておりまして(涙)

師匠 「だって年末でしょ、やってたの・・・
     そんなにあっさり忘れちゃうのかね」
私   「ねー私もびっくり」
師匠 「さびしいわねー・・・」

覚えるのも比較的早いけど、忘れるのは倍速で早い。
そして忘れ度が年々早まっている気がします・・・
そんなでしたので、この2週間の通勤曲は『蓬莱』漬けでした。
おかげで振りは完全復活。
しかし、踊り自体はなんというか、また女度がさがってしまった。
途中でほんの少し『操の松』で男をやっただけなのになー

師匠 「もっと肩を丸く、胸をおとしなさい」

どうもなー胸が柔らかくないんだよなー
あと1ヶ月でやわらかい蓬莱になるように精進です。



日曜日は若干筋肉痛をひきずりつつ(苦笑)、
青梅の友人宅へ味噌を仕込みにいきました!
毎年友人は味噌を仕込んでいるので、私も初参加です。
今年集まったのは5人。+友人夫婦と子供。
d0000212_13522635.jpg

大所帯で作業開始です。
大量の大豆は鍋類フル稼働で、友人が茹でてくれていました。
シンクをアルコールで消毒して、米麹と塩を投入。
きれいだなー♪そしていい匂い♪
d0000212_1347171.jpg

今年は人数が多くてシンクだけでは足りず、
タライも動員して麹と塩を混ぜていきます。
d0000212_13475837.jpg

よーく混ざったら、大豆をつぶします。
手で。
d0000212_13484960.jpg

すり鉢ですったりもするみたいですけど、今回は人数もいるのでね。
なかなかキレイにつぶれないけど、それも味♪
つぶした豆は麹の方へ移します。
しかし大量すぎて、つぶしてもつぶしても豆が減らない気がする(笑)
それでも前回参加の友人達いはく、

「いやー早いよね、今年は。
 去年とか豆の世界に没頭してしまうくらいだったよね」

ビバ大所帯ですね(笑)
大量の豆がはけたら、いよいよ麹と豆を混ぜていきます。
これがけっこう力仕事!!
ここは家主=アメリカ代表(?)スティーブが活躍です。
もちろん私たちも交代でまぜまぜ。
d0000212_13493330.jpg


「小指でさして、すっと入るくらい。
 耳たぶくらいのやわらかさを目指してね」

かたければ、豆の茹で汁を加えていきます。
よい加減になったら、丸めて味噌玉にします。
d0000212_1351020.jpg

そして、いよいよ甕に入れるんですが、どうするかというと、
勢いよく投げ込む!!
空気を抜くんですね。
これまたスティーブが上手い。
バーーーン!といい音をさせて投げ込みます。

ステ 「すみっこを狙うといいよ」

だそうですが、楽しいけど、気を抜くとはずれます(笑)
おまけに投げ込んだ勢いで跳ね返った味噌の餌食にもなる(笑)
天井まで味噌が跳ね返りますからね。
d0000212_13502118.jpg

大騒ぎで投げ込みが終わると、手でぎゅうぎゅうと押し込み、
ラップでふたをして、重し替わりに塩を乗せて、終了~~~!!
あとは出来上がりを待つのみです。
家によっては天地換えをするらしいのですが、
私たちはしないで熟成させます。
夏ごろには食べられるかなあ♪♪楽しみです。

おやつを食べて、梅を愛でて帰ってきました。
d0000212_13514743.jpg

[PR]

by mew2_fish | 2009-03-04 13:53 | お稽古