<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「出会い」

こうみゆうです。
あっちゅーまに1月も終わりですねぇ。
あまりセールとかって行かないんですけど、
今シーズンは気づけば細かくポロポロと買ってました(苦笑)
一番満足度の高かった買い物はポンチョ型のショール♪
着物用に大判のショールが欲しかったんですよ。
大きくて、しかもポンチョ型だからずり落ちない、
そしてなんと言っても、ウール100%!あったかい!
そして安い!!5千円でおつりがきた!
いい買い物したぁ・・・(感涙)
こないだの本番の日にさっそく活躍してくれました♪

先週は稽古はお休み。
あーもー早く新しいの踊りたいよぉうーーーー!!
今週から稽古は始まっていますが、土曜日組は一番最後。
うーんナニが残っているだろーか(笑)
早い者勝ちですからねー
そろそろ女に戻りたいような、まだ男を踊り足りないような(笑)
しかたなく過去のアレコレを聞いてうずうずしてます。

ところで。
ブログつながりの方の所でこんなのが紹介されておりました。
綾鷹 http://ayataka.jp/#fun-kamon
名前と生年月日で家紋を作ってくれます。
「まつもと こうみゆう」はコレ。
d0000212_17264582.gif
【ウツボカズラ】
ウツボカズラ紋のあなた。
他の植物に巻きつきながら成長する
ウツボカズラの様に、周りの人々の協力により
大きく成長する方です。
その為、人との出会いがあなたの人生を
大きく左右してゆきます。
ホンの些細な巡り合わせも大切に過ごせば、
きっと充実した人生を送れるはずです。


あああ、納得。
けっこう「出会い」については考えます。
人だけじゃなくて、仕事や、ちょっとした出来事も。
あそこで右足じゃなく左足から出ていたら・・・とか(笑)、
そんな妄想して楽しんでますし。妄想大好きデッス!
そーいや踊りとの「出会い」は、不思議でしたな。
大学のロビーで、そこそこ接点のある同級生(女)が
「日舞を習いたいから見学に行きたい」と
その後私の兄弟子となる、あまり接点のない同級生(男)に
頼んでいるところに「たまたま」居合わせた。
私も舞台に必要な特技(ジャズダンスとかバレエとか歌とか)を
習わなければなーと漠然と思っていた頃で、

「じゃ私も行ってみようかな」

後日見学についていって。
彼女は習わず。
おまけの私が習うことになり。
現在に至る。

不思議なものです、縁て。
日舞なんて習ってみたい稽古事のリストの最下位だったし、
(だって見たことなかったんだもん)
兄弟子は同学科同コースだったものの班が違ったから
たいした話もしない間柄だったし、
もちろん日舞習ってるのもしらなかったし、
2人が一緒にいるところに居合わせる確率もかなり低かったし。
そうしてめぐり逢ったのが、ウチの師匠だったのも。
フシギだ!
ナニカに引っ張られてここにいるんだなぁ!!
不思議だし、でも決まっていたことのようにも思えて、
こういうときに、神さまの存在を感じちゃいますね。

これからも、いろーーーーんな「出会い」があるんだなぁ、と
ちょっとワクワクしちゃいます。
あ、ちなみに兄弟子は幸雅さんのお兄ちゃんです。
[PR]

by mew2_fish | 2008-01-31 17:28 | お稽古

夕月船頭、いったん卒業

こうみゆうです。
結局、東京は雪は降らなかったですね。

さて、昨日無事に「たつの会」が終わりました。
今回は2/3が衣裳付きということもあり、
撤収時間までに終わるのか?と内心心配だったんですけどね(笑)
師匠と賛助の寿太一郎さん、達也先生、吉優人さんの、
『松の緑』4流派版で開会です。
同じ踊りでも流派が違うと、こんなに違うものなんですね~~
しかも踊り手は一流所ですからね!
贅沢♪♪

自分の出番は6時すぎでしたので、4時ごろから支度開始。
いつものことですが!
支度中にほかの人のが見られないのがホントに悔しいんです!
後ろ髪ひかれながら楽屋に戻り、ユンケル飲んで支度です・・・
第一部に出演したN美に付き人をお願いしました。
今回は素踊り。
男性の場合は紋付き袴ですが、女性は化粧もして前割れの鬘に帯は後見結びです。
まず顔師さんに化粧をしてもらいます。

顔師さん 「船頭か~どんな眉がいい?」
私     「と、いいますと」
顔師さん 「前割れだけど、スッとした眉でキレイ系でもいけるし、
       ちょっときりっと男っぽく強くもできるよ」
私     「えーそーですか(よくわからない)えっと、おまかせします」
顔師さん 「衣裳によるかな、おーい夕月の衣裳ってどんなのー??
       あ、それね、わかった、じゃあコレしかない」

で、描いてもらったのがこの顔です。
d0000212_21221635.jpg

男前でしょー♪
けっこう評判がよかったんですよー♪
まだ頭のってないですけど。

顔の後は衣裳さんに衣裳を着せてもらいます。
実は去年、師匠が全員分の衣裳を決めてきたときに撮った写真があったんですが
私は本番のお楽しみで、見ないでおいたんですよね(笑)
だって、その方が自分を盛り上げられるでしょ♪
でも、アレヨアレヨと着せられてしまって、裾模様があまり見れなかった・・・
どうやら細かい波の模様があったみたいですが。
自分で見える範囲は真っ白でした(笑)
帯は亀甲みたいな模様と波模様と候補が2つあったみたいですが、
衣裳さんが「う~~ん、やっぱりこっちだな!」と選んでくださったのは波模様。
やっぱり船頭ですしね♪
で、帯は後見結び。
ところが締めてくれたのが、どうやら新人?の人だったらしく、
帯の上部がギューっと締まって、く、苦しいかも・・・
で、どうやら結ぶのに長さが足りなかったらしく、上の人に
「それじゃ短いよ、長さ出さないと」と言われて彼女がとった行動は、
長さを出すために、ギュギューっと!締め上げたのでした・・・
もちろん上の人が「それじゃ苦しいに決まってるだろ!」と止めてくれ、
最終的にきれいに締めなおしてくださいました(爆笑)
それとやっぱり衣裳さんの判断で、後見結びにする抱え帯を免除♪
抱え帯してると足が上がりにくいんです。
手ぬぐいもワガママを言ってアイロンをかけてもらい、衣裳終了です。
で、最後に鬘。
鬘さんも「うん、似合う」と太鼓判♪
完成形がコレ。
d0000212_21304917.jpg


うーん、自分でもいい男だ!(爆笑)
これで多少ヘマしても、プラマイゼロでいける!
スタッフさんに感謝です。

支度が終わったので、N美と下手袖へ向かいます。
ちょうど名披露目の幸薫さんが『扇獅子』を踊っていました。
なつかし~~い・・・私も4年前に『扇獅子』で名披露目だったんです。
しかし、なんつー美人じゃ!
N美と袖でうっとりです。
幸薫さんの後は同じく名披露目、幸駒さんの『藤娘』
大道具の藤が!藤の花いっこの大きさが半端じゃないのです(笑)

N美 「きれ~~い!いいなぁいいなぁ」

N美はずーっと『藤娘』にあこがれていたんですって。

私  「んじゃ、お金ためて、名前とって、名披露目で踊ればいいじゃん」
N美 「うん!やりたい」

かわいいなぁ(笑)
N美は今回『まかしょ』を踊ったんですが、これがもう!
ほんとにお世辞抜きで、すばらしかった。
幸雅さんと見てたんですが、
「なんだこの余裕は」
「なんだこの演技力は」
二人で追いつかれることの危機感を覚えたくらいでして(笑)
やっぱり去年の受験勉強で、ものすごい成長を遂げたんですね。
がんばって、すばらしい『藤娘』を踊って欲しいです。
幸駒さんもほんとにかわいらしい『藤娘』でした。
途中衣裳替えがあったんですが、私たちは袖にいた特権で一部始終を目の当たりに!
衣裳さん、顔師さん、鬘さん、後見さん、6人がかりで着せ替え!
千手観音のように、あちこちから手が伸びて幸駒さんを直していきます!
神業を見ました・・・

さ、次は私の出番。
大道具にたくさんの葦が出て、上手に舟が出ます。
またまた後見の達也先生や狂言方の小川さんたちが、
「他人の舟だねー」「見習い船頭だー」とか冗談言って笑かしてくれます。
そしてチカラの出る呪文を唱え。
自分のお稽古を信じ。
自分の踊りをお客さんとともに楽しめるように。
柝が鳴り、光のほうへ・・・

不思議でした。
緊張がほとんどなかった。
すごく、客席がちゃんと見え、自分の踊りが向こうに届くのを待てる。
待てる余裕がありました。
『扇獅子』のときも、『二人椀久』のときも、
バタバタしてしまった自分が悔しかったけれど、
今回はそれがなかった。
そして、すごく舞台を楽しめました。
『二人椀久』のときも楽しく踊れたけれど、
今から思うと、自分だけ、だったような感覚がします。
今回はもうちょっと冷静に楽しめたかなぁ。
お客さんに、この踊りの楽しさを伝えている、という楽しさ。
うん。
稽古のときよりも、本番が一番よかった、と思います。
もちろん、もっとこうしたかった、という箇所はありますよ(笑)
でも・・・それよりも楽しかったな♪

ああ、終わってしまった。
『夕月船頭』、楽しかったな。
前にも書きましたけど、もっと前にお稽古したときは、
すごく苦手な踊りだったはずなのに、とても楽しめました。
それが伝わったのか、見てくれた友人やハハからは
「楽しそうだった」という感想と、
「年々うまくなっている」というとってもうれしい言葉をいただきました。
ああもぉ、またがんばろう!
この『夕月船頭』をつぎの踊りに生かせるように。
『夕月船頭』は、ここでいったん卒業です。

応援してくださったみなさま、ありがとうございました。

終わった後はもちろん、みんなで打ち上げして帰りました♪
さ、次はナニをおどろっかなー
[PR]

by mew2_fish | 2008-01-21 21:36 | お稽古

日舞的AV事情

こうみゆうです。
にしても、寒いですね・・・
自戒をこめて、みなさま風邪には気をつけましょうね。

成人の日は、土曜日組は下ざらいの振り替え稽古。
下ざらいでできなかった、あんなことやこんなことを確認できる!と
気合十分で稽古場へ向かいます♪
しかしドアを開けると師匠の「うわ」という顔。
・・・そうですよねー、いきなりきたのが
黒のダウン&黒のパンツ&黒のハンチング&マスク
じゃねぇ・・・(苦笑)
マスクは、予防のためです、念のため。

本番用の音を音屋さんが持って帰られたので、稽古用のMDを持参です。
しかしウチの師匠はテープ主流なのでMDの扱いがわかりませぬ。
リモコンを手に、
「一時停止一時停止、一時停止って、どれ~~~(泣)」
「巻き戻しってコレ?(長押しできず)あっ、とんじゃった!」
けっこうかわいくって笑えました。
そういえばまだ私が習いたての頃、
お借りしたテープを私が忘れて、レコードで踊ったことがありました。
あれはなんだったっけなー羽の禿だったかなー
トンをすると針が飛ぶんですよね(笑)
なつかしいな。

ところで年末、我が家もようやっとコンポを新調しました!
先代は機嫌を損ねるとMDを飲み込んだまま吐き出してくれなくなり、
録音は20分限度、超えるとお熱になってしまう状態で、
夏の引越しの際にサヨナラしたのでした。
おまけにMDウォークマンもなかなか音をかけてくれなくなり、
最後はワタクシ、分解して調整しましたもんね。←好きなんです、分解
前々からMD卒業を目論んでいたのもあり、ウォークマンも新調でっす♪
でもネックは踊り用の曲。
ウチは圧倒的にテープのほうが多いので、まずテープからMDは必須。
そのMDから直接ポータブルプレイヤーに落とせるコンポ、と、
それに対応するポータブルプレイヤーをGETせねばなりません。
で、見つけたのがコレ!
d0000212_2332041.jpg


別々の売り場のお兄さんたち2人がすすめた、KENWOOD製の良い子です。
スピーカーも木目調でよいのです。

で、ポータブルプレイヤーはコチラ♪
d0000212_23313948.jpg


この色に一目ぼれ。
カラーは「つつじ」でした。
もちろんヘビロテは「ユウヅキ」です(笑)

あ、ワタクシの出番は18時すぎになりそうです。
4時前でしたら客席にいます。
見かけたら声かけてくださいね♪

**********************************************
「たつの会」
日時:平成20年1月20日(日)午前10時半開場 午前11時開演
会場:日本橋劇場(水天宮近く)
演目:

<第一部> 衣裳・かつら無し(小道具は本舞台と同じ・大道具有り)
  ご祝儀
  「松の緑」 松本幸龍・花柳寿太一郎・藤間達也・若柳吉優人

  宵は待ち あやめ浴衣 雨の五郎 恋ほたる 連獅子
  花くらべ 梅の薫 まかしょ

<第二部> 衣裳・かつら有り(大道具・小道具 本舞台使用)

  羽根の禿 黒髪 賎の苧環 玉兎 屋敷娘 汐汲 手習子
  初桜道成寺 あやめ 猩々 春娘 菖蒲売り 近江のお兼
  雛鶴三番叟 雪の舞 お祭り 島の千歳 扇獅子 藤娘
  夕月 幻お七 三つ面子守 三社祭 玉屋と蝶々売り

  千穐楽 羽衣 会主
**********************************************
[PR]

by mew2_fish | 2008-01-15 23:36 | お稽古

下ざらい

こうみゆうです。
1月にしては穏やかな日が続いていましたが、
今日はめちゃくちゃ寒い東京です。

土曜日、1日がかりで下ざらいをしてきました。
しかし、前日から発熱しちまいまして、
めちゃくちゃ焦りました。
とにかく金曜日は会社を休み、病院で薬をもらって養生!
関節の痛みがひどくって、これさえ治ればなんとか・・・と。
当日はまあまあ熱もひいたので薬で乗り切りました♪
しかしまあなんとも風邪っぴきの多かったことよ。
Tっくんもお熱で、幸亜さんともども寝てなかったり。
でも本番じゃなくて本当によかったね。
私ももちろんマスク着用でいきましたが、
師匠が予防用にマスクを差し入れしてくださったので、
着物にマスクという何ともアヤシイ集団になっていました(笑)
特に衣裳を着せる支度部屋は、もうすごいホコリでしたから、
着付け係の幸凛さんも幸雅さんもマスク必須でした。
なんせ稽古用の衣裳4枚を22人で着まわしさせたんですからねー
重労働です。ご苦労様でした。
幸亜さんが仕事中のときは、幸ひなさんやK子がTっくん係。
幸美玖さんは踊り終わった人の衣裳を剥ぎ取る脱がせ隊(爆笑)
なにしろ数に限りがありますんで・・・
私は雑用係で、客席から指示している師匠と楽屋をつないだり、
出番の人を呼びに行ったり、袖で出番待ちの人をフォローしたり、
そんな1日でした。
体はちょっとキツかったけど、座ると薬で寝ちゃいそうだったので
動けるほうが逆によかったのかも。
今回出演しない錦華さんやおかあちゃん、にゃんちゃんにもお手伝いいただき、
とにかく、みんな協力して無事に下ざらいを運営できました。

で。
自分の下ざらいですが。
8日に稽古始めで、本番の音をもらいましたので、
とにかく新しい音の間を聞き込みました。
不安だったのは傘の出の間と、終わり方。
終わり方が今までの稽古とちょっと変わったので、
かっこよく終われるかなーと、そこが心配だったのです。
下ざらいはそのあたりを試してみるつもりで臨みました。
それと、一番大事なこと。
「客席がある」こと、「緊張する」ことのリハーサルです。
それと、チカラが出る呪文の効果を試してみたりして(笑)
衣裳と大道具はありませんが、小道具は本物を使わせていただきました。
火縄箱は稽古で使っていた物よりだいぶ軽いです。
それと話は師匠に聞いていましたが、道具で舟が出ることになりました。
でも実際は乗らないので、最初中央にあった舟は上手半分へ。
私についてくださる後見さんの藤間達也先生は、
「自分の舟じゃないんだね♪他人の舟だ♪」
とニコニコ。
「えー乗れないんだ私~~」
「うん、見習いの船頭さん」
おかげで緊張がほぐれました(爆笑)
達也先生のおかげか、呪文のおかげか、
あんなに緊張しいの私がさほど緊張もせず踊れました。
ちょっとくやしかったのは、やはり最後の方。
傘の出はできたものの、ちょっと焦ってニセ宙が中途半端だったし、
最後のキメも焦ってしまって気持ちよく終われなかった。
でも、下ざらい的には目的は果たせたかんじです。

あとは本番に向かうのみですな。
本番に向けて、体調の管理もね・・・これから毎日マスク生活でっす!
みなさん応援よろしくです!

チラシとチケット欲しい方はお早めに~~!!
アドレスはコチラ↓①を@に変えてくださいね
suttoko5697-tatsunokai①yahoo.co.jp

**********************************************
「たつの会」
日時:平成20年1月20日(日)午前10時半開場 午前11時開演
会場:日本橋劇場(水天宮近く)
演目:

<第一部> 衣裳・かつら無し(小道具は本舞台と同じ・大道具有り)
  ご祝儀
  「松の緑」 松本幸龍・花柳寿太一郎・藤間達也・若柳吉優人

  宵は待ち あやめ浴衣 雨の五郎 恋ほたる 連獅子
  花くらべ 梅の薫 まかしょ

<第二部> 衣裳・かつら有り(大道具・小道具 本舞台使用)

  羽根の禿 黒髪 賎の苧環 玉兎 屋敷娘 汐汲 手習子
  初桜道成寺 あやめ 猩々 春娘 菖蒲売り 近江のお兼
  雛鶴三番叟 雪の舞 お祭り 島の千歳 扇獅子 藤娘
  夕月 幻お七 三つ面子守 三社祭 玉屋と蝶々売り

  千穐楽 羽衣 会主
**********************************************
[PR]

by mew2_fish | 2008-01-14 01:08 | お稽古

あけましておめでとうございます

d0000212_18119.jpg2008年になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
今年はもうちょい、へなちょこぶりが直りますように・・・
[PR]

by mew2_fish | 2008-01-02 01:09 | つれづれ