<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

爆笑3連発

こうみゆうです。
23日にお酉様に行ってきました。
いやー3連休の初日だったからか、すごい人でした。
こんなに混んでいたのは初めて!
参道から入るのを断念して熊手を見つつ横から入ってお参りしました。
で、お酉様といったら、切山椒♪♪
すあまとか、ういろうとか、うすぼんやり甘いお菓子って苦手なんですが、
切山椒だけは好きなんですよね。
今年は出店が少なくて、ようやく露天を発見してGET!
稽古場におみやげで~す♪
しかし稽古場には既に酉の寺のお土産がありました。
師匠は毎年宵宮に出かけてお祓いしているんですよ。
幸凛さんやTっくんも一緒だったそうですが、
Tっくんは熊手のおたふくを見て「Nちゃん、Nちゃん」(幸凛さんのこと)と
連発していたそうな(爆笑)
丸いからねー・・・くくく。

さて、最近私の時間の前に4歳のS達くんという歌舞伎大好きの男の子が来ています。
いつもはお母さんと幸亜さんのお稽古日に来ていたのですが、
最近弟くんが生まれたのでお父さんと土曜日に来てるんですよね。
歌舞伎も踊りも大好きなんですが、いかんせん4歳。
まだまだママに甘えたいし、ぐずることもしばしばでして、
この日もどうやら「ママと行きたい」とぐずってきた模様。
でもお稽古は元気いっぱい、ゴキゲンで踊りました♪
お稽古が終わったS達くん、手にハンカチを持っています。
ハンカチには名前の刺繍がしてあって。かわいい~~~

幸亜さん 「どうしてハンカチを持ってるんですか?」
S達くん 「だってぇ~~、ナミダがでちゃうんだモン♪」

アタックNO1ぶりのかわいさに、みんな爆笑でした!!

最後は師匠。
いつもお菓子が切れることないお稽古場ですが、
この日はおいしいものばかりあって、ついつい目移り♪
トップは、K子のチーズケーキ!!!
これもまた売り物かってくらい美味い!!
ウチの人たちは、ほんとに器用だなぁ♪
それに私の大好きな「かもめのたまご」と、美味しいチョコレート。
チョコレートは私の大好きなオランジュです♪
チョコレートつながりで、日比谷ペニンシュラが話題になりました。

私  「1泊7万円からだそーですよ」
師匠 「へぇぇー!どんな人が泊まるんだろうね」
私  「こないだアルマーニが泊まったそうですよ。
    あと、ビリー隊長も」
師匠 「ふーん。検索すればでてくるかな」
私  「出るでしょう」

と、師匠がおもむろにPCに向かい、

師匠 「・・・”ペ”で出るかしら」
私  「いやー”ぺ”じゃ出ないでしょう(爆笑)」

おそらくかの有名な韓流スターがヒットするにちがいない。
時々こういうおもしろいことを飛ばす師匠でした♪

おまけ:幸凛さんがいっぱい??
d0000212_012384.jpg
[PR]

by mew2_fish | 2007-11-27 10:56 | お稽古

お稽古&『雅の会』

こうみゆうです。
この週末から一気に冬へ前進した東京です。
とうとう冬コート&手袋装着。
ハッと気づけば、もう11月も半ばを過ぎてしまったんですね!!
本番が着実に近づいていますよ。

土曜日はいつものように稽古です。
稽古場へ着くと、テーブルに美味しそうなおいなりさんが♪
なんと師匠が17年ぶりに作ったおいなりさんです(笑)
幸ひなさんへの誕生日プレゼントでした。
わーい、ご相伴♪ウホホ(o ̄▽ ̄)o""o( ̄▽ ̄o)ウホホ
師匠のおいなりさんの中身はゆかりとゴマのごはん。
ゴマがプチプチして、とっても美味しい。
次に食べられるのは17年後でしょうかね(爆笑)
それとともにテーブルにあったのが、これまた美味しい栗の渋皮煮!
これは幸薫さん作♪
幸薫さんのお菓子はもー売り物になるくらいの絶品なんです!!!
お裁縫も料理も踊りもうまくて、おまけに美人。
ぜひ嫁にほしい。
今度また絶品プリンが食べたいな~~おねだりしよ。

稽古はだいぶ小返しが細かくなってきました。
特に返したのはやっぱり出ですねー
いや、正しくないな、「特に」じゃなく先に進めなかっただけです(苦笑)
とにかく出だけで30分以上使ってしまいました。
振りが間違っているわけではない。
そんなに激しくヘンな格好で踊っているわけではない。
師匠が一緒に踊ってくれるんですが、なにが決定的に違うかというと、
師匠は音から出て踊っている、・・・ってわかってくれますかね。
私はどうしても、音の中でしか踊れてないなぁと師匠を見ると思うのです。
音をはずすとかはずさないとか、そういうことじゃないんです。
音ありきじゃなく、逆に師匠の方が音をまとって踊っているかんじがします。
船頭の踊りに音がついている。
うーん、これを私がどうすればよいのかっつーのは皆目検討つかないけど、
答えの1コはコレだと思います。

さてさて、で次の日の日曜日。
まいらばー幸雅さんのお稽古場のおさらい会=『雅の会』が催されました。
今年で2回目です。
すごい、もう1年たっちゃったんだなぁ!
この1年でお弟子さんが倍くらい増えました。
知ってはいたけど、実際に見ると驚きますね。
だから半分以上の人がこの日が初舞台。
なのに、みなさん堂々と踊るんですよねー!!
すごいなー
私もちょこっと参加させていただいたのですが・・・
前日にあわてて浚ったものの、さっぱり思い出せず、撃沈(-_-;)
さっぱり賛助にならず、大変失礼をしてしまいました・・・スマヌ。
前から知っているお弟子さんたちの成長ぶりも目覚しく、
会も盛況でした♪♪
来年も楽しみです。
[PR]

by mew2_fish | 2007-11-20 13:59 | お稽古

スタートライン

こうみゆうです。
先週は仙台に出張だったんですが、帰りの新幹線で爆睡したせいか
思いっきり風邪ひいちゃいました。
帰ってきた金曜の夜には、のどと鼻の間くらいのところが乾きはじめ(犬かよ)、
土曜の朝にはそこが赤く腫れはじめ、稽古中にくしゃみが出はじめ、
夜には下を向くとタターーーーーーっと鼻水が垂れる状態に。
両方の鼻の穴にティッシュつめて寝ました・・・うふ。
市販のクスリで凌いでますけど・・・苦しいッス。
みなさま、お気をつけください。


さて、こないだの稽古では衣装に飲まれっぱなしだったので、

◎衣装つきでもナニをやっているかわかる
◎観客席を意識する

ここをはずさないよう稽古に臨みました。
がしかし、しょっぱなから思うように足が上がりません(汗)
出る前に割ったはずなのに・・・
いかに浴衣でラクをしてきたかってことでしょーか(汗)

師匠 「もっと腿をあげないと」
私  「は、はい」
師匠 「腿の位置が高いと、若くなるからね」

ははーなるほど!
たしかにシャッキリ上げれば若さが出ますよね。
それと、今回けっこう注意されたのは、おでこが下がること。
もーこれはねー
何回言われてもなかなか直らない。
なぜか。
自分では下がってないと思っているから。
例えばわらじを脱ぐところも、わらじばっかり見てて、顔が客席からは見えない。
手の泥を払うところも、顔を背けすぎて、やっぱり下を向いちゃってる。
言われると「あ、ほんとだ!」と思うけれど、なかなか自分じゃ気づきにくいです。
胸でなく、目だけで見すぎているんだなー
気をつけよう。

ま2回目なので、こないだのような焦りはあまりなく、
こないだやってみたかったアレコレも今回盛り込んで稽古することができました。
結果、

師匠 「ようやくスタートラインに立ったってところだね」
私  「ハハ、椀久のときもソレ言われたなぁ」

スタートラインに並ぶまで、長かったにゃ~~~
ここに立てなきゃスタートできないですからね。
今までの稽古はここに立つための稽古。
ここからは、自分の走りのための稽古に入ります。

師匠 「前も言ったとおり、ゴールなんてのはないからね」

フライングで失格、なーんてことのないようにがんばります(笑)


**********************************************
「たつの会」
日時:平成20年1月20日(日)午前10時半開場 午前11時開演
会場:日本橋劇場(水天宮近く)
演目:

<第一部> 衣裳・かつら無し(小道具は本舞台と同じ・大道具有り)
  ご祝儀
  「松の緑」 松本幸龍・花柳寿太一郎・藤間達也・若柳吉優人

  宵は待ち あやめ浴衣 雨の五郎 恋ほたる 連獅子
  花くらべ 梅の薫 まかしょ

<第二部> 衣裳・かつら有り(大道具・小道具 本舞台使用)

  羽根の禿 黒髪 賎の苧環 玉兎 屋敷娘 汐汲 手習子
  初桜道成寺 あやめ 猩々 春娘 菖蒲売り 近江のお兼
  雛鶴三番叟 雪の舞 お祭り 島の千歳 扇獅子 藤娘
  夕月 幻お七 三つ面子守 三社祭 玉屋と蝶々売り

  千穐楽(未定)会主
**********************************************
[PR]

by mew2_fish | 2007-11-13 17:13 | お稽古

地球温暖化の影響で

チベット自治区、温暖化影響で多くの人が睡眠中に鼻血 | Excite エキサイト
ちょっと俄かには信じがたい字面ですが、乾燥がすすんでこのような事態らしいです。
チベットの乾燥は私が8年前に行ったときでさえ、本当にすごかったというのに、
さらに悪化しているんだ・・・
だってバスの中にいて窓も閉めているのに土ぼこりで髪が真っ白になるんですよ。
農地っていっても、私にはカラッカラにしなびた草が生えているふうにしか見えなかった。
地元の人たちは、バターを塗って乾燥から皮膚を守っていた。

東京にいて、夏が暑すぎる、とか、秋なのに寒くない、とか、
冬に氷を見なくなった、とか、変化はもちろん感じています。
が、チベットはもっと深刻。
乾燥だけではなく、ヒマラヤの氷河が融け、洪水の危機にもあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ppxks814/49737094.html

なかなか現実味がわかないけれど、今現在地球上で起こっていることなんです。
しつこいようですが、クリックだけで参加できる温暖化防止にご協力ください。
「ずっと地球で暮らそう」クリック募金
みんなで、地球を考えましょ。
できることから、小さいことから、アクション起こしましょ。
[PR]

by mew2_fish | 2007-11-06 00:35 | つれづれ

衣装にひきずられ

こうみゆうです。
だはーもー11月ですよー!!
もう年賀状のCMとかやってますし!
すごいなー今月はもうお酉様なんだなー

あ、みなさま、本文の脇にあるメモ帳に
たびたびお願いしてきた「ずっと地球で暮らそう」クリック募金
追加してあります。
朝晩は冷えますけど、まだお酉様の気温ではないデスヨ!
どうか、本日も1クリック!よろしくお願いします。

そんなこんなで11月1発目の稽古。
夕月船頭も、とうとう稽古用衣装をつけました。
椀久以来ひさびさに、衣装の重さを感じました。
素踊りなので、藤娘なんかよりは100倍ラクチンなんですけど、
それでも浴衣だった今までの稽古とは勝手が違います。
ウチは師匠がこうやって衣装の稽古もさせてくれますので、本当にありがたいデス。

先週、あまりにもヨユウのない踊りをしてしまったので、
この1週間は通勤時間中延々と曲を聴き、
ここの情景はこんなかな、だったらこういうカンジで歩こう、とか、
ここはもうちょっと止まれるな、とか、ここは軽くいこう、とか、
ここがヤーさんみたいになるんだよな、気をつけよう、とか(爆笑)、
今回の稽古でやってみたいこと満載で臨んだわけですが!
うーん、みごとに衣装に引きずられ、やりたいことの半分もできず・・・撃沈。
わかっていたこととはいえ、ここまで引きずられるとは・・・情けなや。

師匠 「衣装に飲み込まれちゃって、なにをやってるんだか全然見えない」

・・・ハイ・・・
これに大道具が入ったら、大道具にも飲まれちゃう。
それでなくても、舞台の大きさに飲まれちゃうのに!
お客さんにも飲まれがちなのに!
いやいや、お、落ち着こう。
衣装つけて一回目だったから、焦ったのも事実。
焦って失敗した分は、まだまだ取り戻せる。
問題は、浴衣で稽古していた時には見えていた動きが、
衣装つきでは見えなくなってしまうこと。
それって、本当の本当は、動いてなかったってことなんですよね。
それは体の動きも、そして空間の動きにも当てはまる。
師匠に指摘されて、本当に小さく踊っていたんだなーと改めて知りました。
それと・・・
椀久のときに得た気になっていた、観客への意識。
最後列のお客様にまで踊りを届ける意識。
まだまだ足りてない。
もちろん体が動くこととか、ぐらつかないこととかは重要だけれども、
一番ココが重要なんだよなー

来週はまず、衣装つきでも、やりたいことがやれること。
そしてもっと観客席を感じること。
これをクリアしていきたいと思いますっ


**********************************************
「たつの会」
日時:平成20年1月20日(日)午前10時半開場 午前11時開演
会場:日本橋劇場(水天宮近く)
演目:

<第一部> 衣裳・かつら無し(小道具は本舞台と同じ・大道具有り)
  ご祝儀
  「松の緑」 松本幸龍・花柳寿太一郎・藤間達也・若柳吉優人

  宵は待ち あやめ浴衣 雨の五郎 恋ほたる 連獅子
  花くらべ 梅の薫 まかしょ

<第二部> 衣裳・かつら有り(大道具・小道具 本舞台使用)

  羽根の禿 黒髪 賎の苧環 玉兎 屋敷娘 汐汲 手習子
  初桜道成寺 あやめ 猩々 春娘 菖蒲売り 近江のお兼
  雛鶴三番叟 雪の舞 お祭り 島の千歳 扇獅子 藤娘
  夕月 幻お七 三つ面子守 三社祭 玉屋と蝶々売り

  千穐楽(未定)会主
**********************************************

来・て・ね♪♪( ^ー゜)b (誰だよ)
[PR]

by mew2_fish | 2007-11-05 17:11 | お稽古