<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

事後稽古

こうみゆうです。
出勤するときは、大粒かつ横殴りの雨だったのに、うそみたいに晴れてます(笑)
会社近くにある荒川遊園地への道は桜並木で、8分咲き♪♪
毎日コーヒーを飲みに行くモスバーガー2Fは特等席です。

えー先日の初ざらいのDVDをようやく見ました。
稽古不足や足袋カバー事件などなどありましたが、けっこう楽しかったので、
それらがどのように見えていたのか、ちょっと楽しみではありました。
実際見てみると・・・

・あんまりすべってなかった
・やっぱり割れてなかった
・やっぱり「く」の字じゃなかった
・やっぱり小さかった
・腰ねー・・・
・手首がみっともねー
・首が長すぎだろー

パッと見、親はあんまりすべっているかんじに見えなかったです。
そのかわり仔獅子は、元気いっぱいすべってましたな(爆笑)
そして、うーん、自分でも「もっと割れよ!!」と、激ツッコミですよー
注意されていたところだけではなく、全てにおいて割れが足りない。
股関節の問題ではない気がしてきました。問題は別のところにあるような・・・
体が「く」の字、けっこう注意されたんですが直ってないし。
これも注意されてたんですが、使う空間がせまい。
あんなに空間あるのにねー!結果なんとも小さい親でした。
腰もねー・・・『椀久』の時よりはマシになったのかもしれないけど、
「もっと腰いれろよ!!」と、これまた激ツッコミ。
あと、想像以上に手首の固さが目立ちましたねー(苦笑)
これはもう、遺伝とあきらめるしかないのですかねぇ、にしてもみっともない。
あと首が異様に長くて気持ち悪い(爆笑)
これは削れないのでしかたないとして。

シャミーズ仲間のにゃんちゃんが言うところの「まろやかな」親獅子ね、
なるほどーと他人の目で見てナットクです。
どーにもこーにも、重さが全然ないんですな。
それはまったくもって腰が原因なのですな。
やっぱり体で飲み込んでないのがバレバレでした(苦笑)
気合と経験の蓄積で、なんとか「ヘンではない」親獅子までもっていったのがね。
稽古!稽古ってそれだけ返ってくるよ、やっぱり。
うーん、総じて、それでも稽古時よりは遥かによかったと思います。
画面からはあまり「楽しさ」は見えなかったけど、
「ふたりでなんとかしよう」という息がありました。
それだけは褒めてあげよう♪

『連獅子』のあとに、シャミーズの『関の小萬』が入ってました♪
話には聞いていたのですが、当のシャミーズはほとんど写っておらず、
かわいいTっくんの舞姿で満載でした(爆笑)
実際は弾いていて、Tっくんのかわいい姿が見れなかったんで、
いいんですこれで♪私は満足♪

あ、シャミーズも新しい曲を始めました。
師匠の仕事の関係でいただいた譜の中から、『京の四季』で~す♪
曲も踊りも大好きですよ。
こないだみんなで初挑戦しましたが、これがすっごく気持ちいいんです。
けっこう難関もあったりしますが、がんばってやろうね~~
[PR]

by mew2_fish | 2007-03-30 14:53 | お稽古

週がわり稽古1 『子守』→『文売り』

こうみゆうです。
荒川遊園地近くの桜は毎年早咲きなんですが、すでに8分咲きです。
今週末は花見の予定なのに、予報は雨マーク・・・うーはずれてくれー!

10日に初ざらいを終えまして、稽古場は新しい演目まっさかりです。
来年1月の『たつの会』は衣装つきで踊る人がものすごい人数で!!
何時に始めれば終わるんだろう・・・正直、1日で終わるのか不安です(笑)
私も1月に向けて、新しい演目へ挑戦です。
本当はやりたいのがあったんですけど、すでに他の人が踊ることになっていて、
ほかに何も考えてなかったもんですから、宙ぶらりんになっちゃいました。
去年は『二人椀久』で男だったので、「女で明るい踊り」が希望。
先々週の稽古は師匠と演目の相談でほとんどが終わってしまいました。

師匠 「うーんそうねー。『保名』は?」
私   「椀久で狂ったからもういい」
師匠 「あ、十二単着ない??」
私   「えっ!十二単?!うーん、面白いけどお琴が入るような曲でしょ?
     大和楽っぽくないほうがいいなー」

30分以上、あーでもないこーでもないとやらかした挙句、
N美先生から教わった『子守』にようやく落ち着きました。
清元、間が難しいけど好きなんですよねー。
『三つ面子守』もいいけど、長唄より清元モードだったし、
小道具に¥がかかるという裏話もあり(笑)、清元『子守』に決定です。
いちおう振りは入っているので、さらっと稽古して終わりました。
が。
『島の千載』で名披露目が決まっている幸諒さんが
つなぎで『あやめ売り』を稽古することになりまして。

師匠 「物売り、いいわねぇ。やっぱり『文売り』やれば?」

『文売り』は前も話に出たんですが、実は以前『たつの会』で踊ってるんですよ。
それも同じ日本橋劇場で。
ただし、衣装つきではなく、普通の着物で踊ったのでした。
せっかくだから新しい演目に挑戦したいなーというのもあったのですが。

私   「んじゃ先生、来週は『文売り』を稽古してもいいですか?」
師匠 「いいわよ」

というわけで、こないだの稽古はお試し『文売り』です(笑)
一度踊ったといっても、6年くらい前の話ですから振りはほとんど覚えてません。
(一度踊ったのは忘れない、という人もいますが・・・私はあっという間にサヨナラです)
体が不調だという師匠に前で踊っていただき(スミマセン・・・)、私は見真似で稽古です。
でもねー!
不思議なことに、細かいところはやっぱりダメですけど、体が動くんですよねー!
ずっと踊ってなかったのに、体が覚えるってこういうことなんだなぁ。
えらいぞ、私の体!
それと・・・この踊り、もっと苦手だったはず。と思いました。
前に踊ったときは、苦手な振り満載だし長いし後半はヘンな話だし(笑)、
あー楽しいってカンジではなかったはずです。
まぁ、ざっと一さらいしただけだからかもしれないですけど、
うーん、とってもたーのしーぃ♪♪♪

師匠 「うん、まぁ『子守』はねぇ。正直あんたの任ではないね。
     でね、今見てて思ったんだけど、『年増』もいいかもよ」
私   「『年増』って、見たことないんですけど」

この流れで、15年前の師匠の常磐津『年増』のVTRを拝見。
歌舞伎でもけっこうかかるらしいのですが、私は初めて見ました。
・・・いやいや、うそうそ。
実はこのVTRの中で私も踊っているので、本当は2回目なんですな。
このときが私の初舞台だったのでした(笑)
『年増』・・・そうだなぁ、いろんなのがてんこ盛りで楽しそうではあるが。

私   「ちょっと長いかなぁ」
師匠 「うーん、長いわねぇ。
    ・・・常磐津!そうだ、前割れでさぁ、『夕月船頭』やんない?」
私  「前割れ!うん、面白そうかも」

実は『夕月船頭』も以前踊ったことがあるんですが(笑)、
前割れも一度やってみたいと思ってたことだし、この際ぜんぶやってしまえーい!

私   「んじゃ先生、来週は『夕月船頭』で」
師匠 「いいわよ(笑)」

来週は常磐津『夕月船頭』をお試し稽古!
・・・週がわりで違う踊りも、案外楽しいな・・・
[PR]

by mew2_fish | 2007-03-26 14:29 | お稽古

初ざらい

こうみゆうです。
3月10日(土)、雨の予報もずれて、初ざらいはいい天気に恵まれました。
着物で行こうとも思ったのですが、自転車&GパンでGO。
前のカゴに三味線をつっこみ!着物バッグは斜めがけにして後ろの荷台に載せて!
出稼ぎか??夜逃げか??な出発でした(笑)
今回踊るのは総勢40人強。
毎度毎度のことながら、ホントに番組が多いのでした~
今回が初舞台という人もかなりいました。
今日はじめて顔を見ますね、という方も多かったな。
そしてこれも毎回ですが、初めて舞台で踊るというのに皆上手なんですよね。
度胸がいいんですかね、うらやましいことです。

さて、会の最後におまけでやるはずだったシャミーズですが、
中盤のチビッコたちの後に入れてもらいました。
なにしろ1週間前に下ざらいしただけの、ほとんどぶっつけですよ(笑)
私達は裏方で手がなかなか空かない状態でしたので、
にゃんちゃんやAさちゃんたちが調弦してくれました。感謝♪
おにゅーの見台を持って入場です。
とにかく、速くならないように・・・!!
立て三味線の幸凛さんの掛け声で演奏が始まりました。
と、そこへ!
師匠の孫=幸亜さんの息子、我らがアイドルTっくんが登場!!
お扇子をもって踊ってくれました~~~~♪♪(≧∇≦)
やっばい、めちゃくちゃかわいい!!
と、チラ見したとたん、・・・譜を見失い、実物があるのにエア三味線状態(笑)
そこからは汗で手はすべらないわ、二弦の音がずんずん下がるわ、
演奏どころではなかったのでありました。
でも、他のみんなは速くもならず、なんか、いい出来でしたよね。
唄ってくれた幸雅さん、裏で歌ってくれた幸亜さん(笑)、ありがとう♪♪
そして私達の演奏を救ってくれたTっくん、ありがとう♪♪

そしてこれも毎回ですが、出番は最後の方なので踊る頃にはけっこう疲れてます(笑)
三味線といい勝負の、稽古不足で臨む『連獅子』。
付け焼刃の親獅子ですが、今の私で精一杯の連獅子を!と気合を入れて。
いつものように緊張しましたが、なんかいつもより気持ちのいい緊張感。
お、このままいい調子でいこう!
後ろへ入り、気合を入れて「膝を後ろに!」引いたとたん、
ずざーーーーっと、どこまでもすべる左足。
「??!!」
右もずざーーーーー・・・っとどこまでも・・・
なんでこんなにすべるの??!!!
・・・はっ・・・
足袋カバーはいたままだった・・・ il|||li_| ̄|○ガクッ
またやっちまった・・・前は出る直前に気づいて脱ぎ捨てたけど・・・
しかも出番前に幸凛さんと「お互い足袋カバーチェックしましょうね!」と
言い合っていたのにも関わらず。。。。
と、仔獅子と向き合うと、なんと幸凛さんも足袋カバーをはいたまま!!
はっはっは、ダメダコリャ。( ̄◇ ̄)
靴下はいてるわけじゃないし、踊れないわけじゃない。
一瞬で気合をいれなおして、20分。踊りきりました。
足袋カバー以外にも、特に一人で踊る場は、
「もっともっと!なんとかなるだろ!」と歯がゆい感がぬぐえませんでしたが、
うーんとってもとっても楽しかった!!

師匠  「あんたたちはっっ!!(怒)」
ふたり 「すみませんっ、足袋カバーはいたままでしたっ」
師匠  「まったくもー!!(怒)」
幸凛  「でも、気持ちよくなかったですか?(と、私に)」
私    「うん、なんだかすっごい気持ちよかったよね」
ふたり 「楽しかったです♪にっこり」

師匠は呆れ顔でした(苦笑)
やっぱり連れ舞、楽しいなぁ♪
椀久を思い出してしまいました。

そして、言及したいのは幸雅さんの『吾妻八景』。
最近とみに、幸雅さんの踊りは体が充実しています。
ちょっとすごいです。
去年の「雅の会」の『七福神』もすげーと思ったけど、
この『吾妻八景』はねー、今思い出しても感動します。
幸雅さんはそろそろ芸暦が30年に届こうかというところですかね。
私とは15年の開きがあります。年下だけど。
私があそこに届くには、単純計算であと15年かかるのか。
んんん~~~
でも、15年かけてあそこにいけるなら、いきたいもんです。

最後は師匠の『卯の花』。
師匠の踊りは、情景が見えてしまうので、踊りとはいえ芝居です。
相手が見えるし、風景が見えるし、踏んでいる土が見えるし、温度が見える。
芸です。
しかし、そんな師匠にめずらしくハプニングが。
きりっと決まったいいタイミングで、Tっくんが「チャー!!」と、大向こう(爆笑)
師匠の顔が素に戻りました(笑)
どうやら振りがとんだらしいです♪そんなこともあるんだなー

おまけのチビッコたちのかぶき体操で、無事初ざらいは閉会しました。
来週からは来年1月の「たつの会」に向けての稽古が始まります。
次は何を踊ろうかな。
わくわくしています。
[PR]

by mew2_fish | 2007-03-12 11:11 | お稽古

明日本番です!

こうみゆうです。
コブシやモクレンがきれいに咲いています。
モクレンは紫のより白いほうが好きです。
見上げる白い花びら、うん、この時期の楽しみですよ♪

さて、とうとう明日が初ざらい本番です。
水曜日は会社帰りに最終の稽古へ行きました。
体調が思わしくなくヘロヘロでしたが、良い悪あがきができました(笑)
もうあとはしょうがない!
会社トイレ&夜中の自宅廊下で悪あがきだ!!(爆笑)

実はその日、N美の合格発表の日でした。
報告できませんでしたが、なーんと1次試験が通り、
先週の土曜日に2次試験を受けていたのです。
でも・・・結果、3次試験は受けられませんでした。

「2次に受かったの、3人だって」
「は???」

全然知らなかったんですが!!
邦楽科全体で25人くらいしかとらず、
よくなければ合格者0人もありらしいです。
で、今回日舞で受けたのは、たった8人!
で、1次に受かったのは5人。だったそうな。
はーそうですかー
てっきり、もんのすごい人数が受験して、
そのうち20人くらい合格するのかと思ってました。
ウチの大学とは違うのね・・・

結果は残念でしたが、この受験でN美はすっごく大きくなりました。
繰り返しますよ、すっごく大きくなりました。
本人言うところの「気持ち悪いほど」稽古して、
本気の本気の本気で目標に突き進んだこと、これって大きいです。
ちょこっと自分の椀久のときを思い出しました。
でもさー、1次に通ったのだってすごいことだよね!
ちょっと尊敬(笑)
明日のN美の踊りが楽しみです。

ていうか、自分の踊りが心配です・・・
ていうか、シャミーズもね・・・
[PR]

by mew2_fish | 2007-03-09 15:31 | お稽古