<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アナザー・カンパニー公演 & 稚魚の会

こうみゆうです。
うー風邪をひいてしまったー
左の鼻の穴から鼻水が止まらん・・・しかしナゼ片方なのか???
みなさん、体調には気をつけてくださいねー

土曜日、アナザー・カンパニー公演を見てきました。
今回は以前の公演で再演希望が多かった演目を
太っ腹にも再演してくださるとのことで、けっこう楽しみにしていたのです。
でも、再演だからといって手を抜かないところがウレシイ♪
なんとロビーから『丁稚』が始まりました♪
へぇ~おもしろーい!
途中までロビーで踊って、引っ込んで舞台で続きです。
私たち観客も観客席へ移動して、舞台を楽しみました。
そのあと本火の『黒髪』。
なるほどなーこれじゃ白塗りしないと顔わかんないわーと、
前の公演でも思ったのにも関わらず、改めて感心しきりです。
そして『流星』をストップモーション解説つきで。
扇与一さんは、全然遠慮なしに止めるので(笑)、
寿太一郎さんはすっごい大変そうでした!が、それが楽しかったりして♪
休憩の後、本番の(?)『流星』を堪能しました。
父ちゃん雷とかババ雷とかの役をわけるのに、
私は角を変えるものしか見たことがなかったのですが、
花柳流だからなのか、面を変えていました。
うーん、好みですけど、私は角のがいいなー
見るのは大好きな演目でしたが、キツそうなので敬遠してきた『流星』。
最近ちょっと「やってみたいなー」と思えるようになりました。
うーん、いつやれるだろーか。

日にちは前後しますが、その前日の金曜日は『稚魚の会』の公演を見てきました。
去年と同じく弟子仲間のS子ちゃんと一緒。
S子ちゃんの友人が踊るのは、今年は『三社祭』!!
去年の『連獅子』もよかったけど、『三社祭』すごかったです!!
体が動く、というのは、こういうことだな、と思いました。
どうしてもバタバタなりがちなのに、バタバタじゃない。
すごいなーどうしてこんなに動いてるのに柔らかいのだろうか。
マネできねー・・・
やっぱり「あの腰ほしい・・・」と思ってしまいました(笑)
[PR]

by mew2_fish | 2006-08-28 16:42 | 歌舞伎などなど | Comments(6)

ぷちぷちっとな

こうみゆうです。
蝉の声もまだまだ優勢ですが、ウチの前の空き地では蜻蛉がかなり飛び回ってます。
あっついけど、秋、もうすぐなのかなー?

松鸚会の準備もチャクチャクと進んでいます。
先週の金曜日に錦華ねーさんと、亡霊女の掛け、亡霊男のマント、
そして平家蟹シートのサンプルを作りました。
黒のプチプチシートはまだ注文してないし、ちょっとお高めなので、
透明の普通のプチプチで作成です。
舞台上で脱ぎ捨て、そして脱ぎ捨てられたどれかをまた着るという、
演出上の制約があるので、同一サイズで作らなければなりません。
一番背の高い人には短すぎず、一番背の低い人には長すぎない。
・・・って、けっこう難しいな・・・(´ヘ`;)
とりあえず一番背の高い人の着丈を元にサイズを決めてみました。
まずは掛けから。
手元にある透明プチは60cm幅ですが、実際の黒プチは120cm幅。
最初は120cm幅1枚で後ろ身頃、肩のところで折り返して前身頃にして、
前開き部分を切り取って袖にしよう、と思っていたのですが、
中に着る衣装も大きめなので、裄は70cmは欲しい。
となると、前開き部分だけじゃ袖がとれない・・・。
そこで錦華ねーさんの年の功・・・じゃなく、パッチワークの技術!
「シート半分の60cmを背中でつないでさ、
 真ん中に逆三角▽を足して、裄分を補っちゃおう!」
身頃を1枚じゃなく、2枚にして背中心でつなぐ発想。
三角を間にはさむことで、これで裄もでちゃう!
すっごいなー私には思いつかない案です!
掛けは裾を引くので、とりあえず縦は180cmに設定。
で、折り返して前身ごろにしてしまうように、360cmで切り出します。
それを2枚とり、後ろ身頃だけを背中心で縦にとめていきます。
とにかくサンプルなので、ガッチャンガッチャンとホチキス止めで、やっちゃいます!
んで、逆三角形▽を、肩甲骨の間あたりに抜き襟のように補います。
そうすると三角の分、前は開くんですねー勝手に前身ごろ完成です。
あとは後ろと前をつなぐため、ウエスト位置から下の脇をガッチャンコ。
開いた脇は袖部分です。
「おお~掛けだよ、掛け!ちゃんとそれらしく見える~!!」
ちょっとゴワゴワするものの、これが黒ならけっこういけるかんじです♪
やってみると、案外できちゃうもんだなー(爆笑)
お次はマント。
マントは床とすれすれくらいなので、160cmに。
そのまま1枚では布と違って体に沿ってくれないので、
これまた錦華さん案で、上部にダーツを寄せてガッチャンコ。
すると曲線が出て、まるみが出ます。
「これで首のところにリボンつけて前で結ぶようにしたらいいんだね!」
着る人と中の着物、それと振り付けの関係もあるので、
マントの幅は着せてみてから調整という形にしました。
あとは蟹。
蟹は当初とはだいぶ違って、発泡スチロールではなく、
赤のプチプチだけで作ることになりました。
しかしそれだけで蟹とわかるものを作るとなると、
ポイントは足であろう!
「とにかく本体は丸めてさ、足がいっぱいあれば見えるんじゃない?」
ということでやってみたのは、細長い三角に切ったプチプチを
縦にゆるくまるめ、足の節になるところを糸できつくしばる方法。
これがけっこう、
「おお~蟹足っぽーい(笑)」
「赤プチなら、もっとそれらしくなるよね!」
「うん、透明だと、抜け殻っぽいな(笑)」
これをシートにつけるわけですが、つける方法がこれまた・・・
裸足で踊る人もいるので、ホチキスはダメ。
接着剤が一番簡単だけど、蟹の上で踊ったり走ったりするので、
とれてしまいそう。
となると、縫うしかない。
「縫うのか~・・・」
「時間も手間もかかるね~・・・しかし、それしかないよ」
本番用は人海戦術で作るしかありませんな。

そして、月曜日。
実はプチプチを使うに当たり、プチプチを作っているメーカーさんに
いろいろと情報をいただいたりしていたのです。
かねてから直接お話を伺いたいなーと思っていたのですが、
月曜日に錦華さんと2人で、会社休んで行ってきました~~!!\(^o^)/
川上産業さんの「プチプチ文化研究所」所長、杉山さんにお話を伺ってきました。
ずっとメールのやりとりをしてくださった方です。
ようやくお会いすることができました♪♪
とにかく、こちらではプチプチでいろーんなモノを作っています。
封筒とかペットボトルケースとか、そんな当たり前のものだけではない!
入り口にあったのは、な、なんと!
白のプチプチで作ったウェディングドレス!!!∑( ̄□ ̄;)ナ、ナニィ!!
いや、ほんと、これがすごーくよくできてるんですよー
あー写真とってくればよかった!
型紙はほんとのウェディングドレスの型紙を使って、ミシンで普通に縫ってるそうな!
あと、手縫いで作ったサッカーボールとかもありました。
愛・地球博では家までプチプチで作ったそうな!!
詳細はコチラで。
9月15日のテレビ朝日『タモリ倶楽部』では、プチプチで作った浴衣などが紹介されるそうです!
ぜひ見てみましょう!
接着のことや、舞台に敷く際の滑り止めのことなど、
メーカーさんならではの情報をいただけたのも収穫でっす。
そして、これまたありがたいことに、HPでも宣伝していただけるとか。
もう、ほんとに感謝感謝です。
ガゼン展望が開けてしまいました♪

今日赤のプチプチが届いたので、手始めに本番用の蟹から作ります。
がーんばーるぞー!!e(^。^)9ファイト!
[PR]

by mew2_fish | 2006-08-22 16:47 | お稽古 | Comments(4)

夏休み満喫の

こうみゆうです。
風呂場かよ!ってくらい、蒸し暑い東京です。

月~水まで夏休みでした。
土日含めて5日、よく遊んだなー
泊まりで横浜と鎌倉に遊びに行きましたよ。
なんとか雨にも降られず楽しめました。
鎌倉では切り通しにも行きました。
連れは鎌倉幕府転覆にかかわった一族の末裔とかなんとかで、
私はといえば、松鸚会で平家の亡霊とかやってるわけで、
いいのかねー来ちゃってみたいなかんじでしたが(笑)
でも切り通しの風は涼しく、カナカナの声が響き、とても気持ちよかったです。
お蕎麦も、とーっても美味しかった♪

小旅行もありましたが、けっこう中身の濃い5日間だったのでした。

まずは土曜日。
この日は歌舞伎座の地下稽古場で松鸚会の稽古がありました。
家元が歌舞伎座で出ずっぱりなので、1時間という短い時間でしたが、
歌舞伎座の稽古場ははじめてだったので、ちょっと楽しかった♪
その後、スタッフだけで会議をしました。
その間にものっすごい雷雨!!
幸い終わる頃にはやんでくれたので助かりました。
衣装や小道具など、かなり変更もありましたので、もろもろ確認です。
来週はがんばって作り始めなければね!

会議が終わって、自分の稽古へ。
うかうかしていたら、浴衣浚いまで、あと2回しか稽古がなかった!!
「だいぶ、まあ丸くなったよ」とは言われたけれど、
その影には倍以上のダメが隠れているのでありました・・・
そして、これまた久々にシャミーズへ参加!
たぶんねー1ヶ月ぶりかも!
シャミーズももちろん、あと2回しか稽古できないのですな。
どうなることやら・・・って、私が言うな、私が一番問題なのじゃ!
がんばって家で自主練します!

日曜日。
この日は深川へ。
シャミーズで一緒のにゃんちゃんが『雨の五郎』を踊るので拝見です。
深川小劇場、ずーっと前にお浚い会で使ったなー
前日に「劇場の前に美味しい深川丼のお店があるのよー」と
ウチの師匠がよだれを垂らさんばかりに言うので、そこで腹ごしらえ♪
と、店の角を曲がったら、そこに師匠と幸凛さんが!(爆笑)
「なーんだ先生たちも来てたんだ~」
普通の炊き込みと、ぶっかけの2種類があったのですが、
私は師匠オススメのぶっかけが気に入りました♪♪
この日はちょうど水掛祭の日で、腹ごなしの散歩中、御神輿も見られました。
連れは豪快に水をかけられ、けっこうびしょびしょでしたけど(笑)
さてさて、劇場に入り、にゃんちゃんの『雨の五郎』。
シャミーズで一緒ですが、流派は違うので、彼女の踊りを見るのは実は2回目。
殺陣もやってるせいか、それとも気合か(笑)、
舞台上のにゃんちゃんは普段よりキリリとして見えました。
すっごい緊張してましたけど、とってもすっきりかっこいい五郎だったなー。
あまり五郎ってわからないけど、もしかしてかっこよすぎた??くらいです(笑)
私好みの五郎でしたよ♪♪

水曜日。
歌舞伎座の一部を見てきました。
師匠がプロデュースしているアナザー・カンパニーと三津五郎さん振付の
『たのきゅう』が目当てです♪
いつか踊りたいなーと思っている『近江のお兼』もあるので楽しみにしていたのでした。
席は3F。でも東側だったので花道はバッチリです。

◎ 慶安太平記
ぜんぜん眼中になかっただけに(苦笑)、立ち回りの豪華さに驚いた!
あんまり大きな声では言えないですけど、橋之助さん好みじゃないの・・・。
でも、それが気にならないくらいおもしろかったです。
身軽だなぁ!!さすが!!と、拍手でした♪

◎ 近江のお兼
なーんか、やりはぐれているお兼。いつか踊りたい。
見る分にはそんなことも言えますけど、晒し振るのはツライかな~(苦笑)
これまた大きな声では言えないですけど、福助さん好みじゃないの・・・。
ちょっと、お兼ちゃんにしてはクドイかんじがしました。
田舎娘みたいな純朴さが欲しかったワーとか。

◎ たのきゅう
さて、メインディッシュ♪
リリパットアーミーのわかぎゑふさん脚本、
振り付けは三津五郎さん&アナザー・カンパニーという、異色の新作舞踊劇です。
原作は落語とか。
うーん、たしかに落語っぽい。
落語好きだけど、しかし・・・ちょっと私には、薄味だ。
ゴメン先生言っちゃうけど、家元のおろちは笑えたけど、
これは「アナザー」であるな、と思いました。
歌舞伎座では正直ツライかな、と。
ナニがかというと、うーん、埋めるべきところがありすぎる感?
この人たちをもってしても、それを感じてしまうのねーと思いました。
これは私はね、の話。
フランス人学生を大勢連れて『たのきゅう』を見た人の話では
歌舞伎っぽくなくて、とっつきやすく楽しかったとのこと。
こういうのも歌舞伎座でやるんだーと思ったそうです。
うん、楽しんでくれてよかったです♪
これからも期待してます。
あ、アナザー・カンパニー公演、来週ですね!!
私ももちろん、見に行きますよ~

***********************************************************
<文化庁芸術団体人材育成支援事業認定>
日時:8月25日(金)午後2時開場 午後3時開演
     26日(土)午後5時開場 午後6時開演
     27日(日)午後2時開場 午後3時開演
会場:六行会ホール(品川区) 京浜急行「新馬場」北口下車徒歩2分
料金:親子ペアー券(中学生以下)4,000円 大人3,500円 小人1,000円

出演:西川扇与一・藤間恵都子・水木佑歌・花柳寿太一郎・若柳里次朗
   藤間めぐ美・藤蔭美湖・西川一右 手話解説:池田峰雪

開演の一時間前からロビーにて舞台化粧や楽器・衣裳などの
解説や体験が出来ます♪
リクエストに答えて♪素敵な舞台をもう一度♪
演目一、アナザー・カンパニー版
    長唄「黒髪」 江戸時代の照明による舞台でご覧頂きます。
    水木佑歌
  一、アナザー・カンパニー版 邦楽組曲「日本の四季」
  一、ストップモーションによる踊りの解説「流星」
  一、長唄「丁稚」 若柳里次朗
  一、清元「流星」 花柳寿太一郎

<新人公演>
8月26日(土)午後2時開場 午後3時開演
大人:2,000円 小人:500円
本公演と同じ内容で公演いたします。
長唄「黒髪」 藤蔭美湖
長唄「丁稚」 西川一右 犬を若柳里次朗が演じます♪
清元「流星」 藤間めぐ美 ストップモーションもあります。
***********************************************************
[PR]

by mew2_fish | 2006-08-17 15:18 | お稽古 | Comments(10)

ひとり出張シャミーズ!

こうみゆうです。
台風、東京にも上陸しそうな勢い?
今日は松鸚会の稽古なんですケド・・・!

8月1日に、新しい名執さんが4人も増えました♪♪\(o^▽^o)/**☆☆
わーすっごいなーうれしいです!!
そして、アイドル(??)幸凛さんが、師範になりました!
土曜日は5人で撒き物の発送準備をしていましたよ。

シャミーズで一緒のYuriちゃん → 幸諒(こうりょう)
同じくシャミーズのKちゃん → 幸虎(こうとら)
お習字で一緒のCちゃん → 幸駒(こうこま)
料理も裁縫もなんでもござれのAさん → 幸薫(こうくん)

それぞれにおめでとうのご挨拶をして、それから色紙にお祝いを書きました♪
これからも、一緒にがんばろうね!!


ところで・・・。
最近、なんか忙しくてシャミーズに参加できないでいます・・・(´;ェ;`)
松鸚会の稽古があったり、雑事があったり、1ヶ月くらい参加してないかも。
この日も、用事があって参加できず。
しかし。
その用事とは、・・・一人出張シャミーズだったのでした!!( ̄。 ̄)ナニソレ...
よく行くお店が3周年記念で、三味線ライブをするというので行くことになっていたのです。
間近で演奏を見れるなんてステキ♪♪
しかも民謡、端唄、小唄、長唄、なんでもござれの方が演奏らしい♪
これはもう、見に行くでしょう!!
でも稽古が終わるのが6時。
ライブ開始が6時半。
着替えるヒマないぞーと思って、浴衣のまま出発です!
ちゃーんと家からGパンで下駄を履いてきたのでバッチリ(笑)
7時すぎにお店に到着すると、もう始まっていました。
三味線と唄は、やよいさん。
昼は神田須田町の和菓子屋さんで働き、
夜は屋形船やお座敷で三味線を弾いてらっしゃるとか。
私より若いのに、とっても色っぽくてステキ。
しかも、とってもいい声なの♪
三味線は地唄用でした。
江戸時代の唄から、明治に流行った歌まで、いろーんな曲を弾いてくださいました。
ウチの母親が口ずさんでいたものも多くて、けっこう知ってる曲もありました。
おもしろかったのはねぇ、『すととん節』『ストライキ節』『ノーエ節』♪
『いえろーさぶまりん』もやってくれたし、シャンソンもやってくれました。
お座敷で唄うようなしっとりとした唄も織りまぜつつ、『東京音頭エッチ版』(笑)
はー!!こんな裏の歌詞があったなんてねー!!
ココじゃあ書けません(爆笑)
そして極め付け。
「じゃあねー、次は何にしよっかなー、"かっぽれ"やろうかなー」
おお、『かっぽれ』!
ウチの門下のお浚い会で、何度踊ったことでしょう。
「だれか踊れる人、踊って♪」
というわけで、生演奏で『かっぽれ』、踊ってきました!!!(≧∇≦)b
でも、半分ウソ(爆笑)
あんなにやったのに、やっぱり忘れちゃうもんですなー
師匠が見たらカンカンでしょう・・・m(。_。;))m ス、スミマセン…
おまけに下駄ですから、踊りにくいったらないの。
でも、すっごくすっごく、よい経験でした。
なんせ、生演奏で踊ったの初めてですからね!!
お客さんたちもマスターも、とっても喜んでくれて、踊ってよかったなーと思いました。
よかったー浴衣で来て♪
あー楽しかった♪
やよいさんは、4,5人で民謡バンドを組んでるそうです。
吉祥寺の音楽フェスタでもライブするそうなので、興味のある方はぜひ!!
[PR]

by mew2_fish | 2006-08-09 11:54 | シャミーズ | Comments(0)

夏本番なお・は・な・し

こうみゆうです。
あー2,3日涼しかったのに、とうとう夏本番!
あっつー

おととい、4日連続の松鸚会稽古が終わりました。
次は来週です。
今月は歌舞伎座の地下稽古場での稽古が何日かあります。
行ったことないので、すっごく楽しみです♪♪

ところで・・・
夏本番、なお話。
みなさん、霊感ってありますか??
私は全然ない。
おばけ、見たことないです。
でも時々、「あれ」と思うこともあったりなかったり・・・
見えないし、なんとなくこう、鳥肌だけがたつ、みたいな。
劇場で、とか、学校で、とか。
実は、師匠の家で、が一番多いんですよね(笑)
こないだもそうでした。
8月2日の松鸚会の稽古の日。
ご宗家宅での稽古は、師匠の家で着替えてから行くので、
夜、終わってから師匠の家に帰ってきました。
稽古場は普通にほかのお弟子さんたちでにぎわってます。
もちろん稽古中の子もいます。
私は着替えて、1階のお手洗いに行きました。
すると、電気がついてます。
「幸凛さんが入ってるのかな??」と思い、ノックして、
「はいってるー?」と、声をかけたのです。
すると、中から声が聞こえました。
「あ、入ってるんだ」とは思ったものの、なんか、ヘン。
もう一度ノック。
「N子?はいってるの??」
・・・返事なし。
「開けるよ?」
開けてみると・・・誰もいない。
気のせいだったかな、上の稽古の会話だったのかも。
「この家出るからなーおばけだったりして♪」と、
ちょっと頭をよぎりつつもトイレに入りました。
が・・・
なーんか、ヘン・・・
「いやいや、私には霊感はない、気のせい気のせい」
・・・・
でも・・・こわいよー!
こわいこわい、と思ってるからコワいのだ!と思うのですが、
用足しもそこそこで(笑)、トイレからダッシュで出てきちゃいました。
帰りの電車の中で、錦華ねーさんと幸美玖さんにその話をしたら、
「えーちょっとやめてよー!!」
「連れてきてないでしょーね!」
なんて言われちゃいました。
その日はやっぱりコワくて、お風呂のドアもあけっぱなし、
部屋の電気もつけっぱなしで寝たのでした。
時々恐いな、と思うことがあっても、ここまでじゃないです。
なーんか、厄除けのお守りなんか握ってみたりね(爆笑)
でも、一緒にいてあの師匠が気づかないワケないよな、と。
疑心暗鬼ってホントだなーなんて、ムリヤリ思ってみたのでした。

ところが!
今日師匠のHPの掲示板を見て、びっくり!!
師匠の娘さんの幸瑠璃さんが、2日におばけを見たらしいのです!
実は3日がおばあちゃんの命日だそうで、来ちゃったらしいんです(爆笑)
そういえばだいぶ前にもそういうことがあったのでした。
やっぱり稽古の日で、今のように時間割りで稽古していない頃。
そう、お盆でした。
昼に稽古して、まったりと師匠とお話をしていたのでした。
すると、部屋の電気が、ふぅっ・・・と暗くなって、パッと明るくなりました。
一瞬です。
「あ、おばあちゃんだ。迎えてないのに、勝手に来ちゃったわ」
こんなことが、まあ年に1、2回あります(笑)
たたいても消えないハエとかね。←これはお父様らしいです(爆笑)
でも、おばあちゃんでよかった♪
恐いおばけだったらヤですもん、おばあちゃんなら恐くないであろう。

思いがけない、暑中見舞いでした(笑)
[PR]

by mew2_fish | 2006-08-04 17:26 | お稽古 | Comments(6)