腰を入れるってどうやってる??

こうみゆうです。
先日の稽古の後、7年ぶりに来日したNINE INCH NAILSのライブに行ってきました♪
入ったらものすごい人!!
7年前のNKホールはけっこうすいていたので油断してしまった・・・
でも考えたらその日も追加公演で完売もしてるんだから、すいてるわけはないですワ。
久々に燃えた…!!稽古道具もって跳びはねてきました!!(爆笑)
稽古以外で大汗かいたのも久しぶりでした(笑)


土曜日は蒸し暑かったり、夕立ちがきたり、その後寒かったり、変な天気でしたね。
2時のS子ちゃんと時間をトレードしていたので、私は雨には降られませんでした。
先週は前半までしか進まなかったので、今回は後半全部いけるかなー

1.なかなか…
先週稽古した、回って火縄箱を持ち替えるところ。
電車の中でパンの袋で何度も練習しました~(爆笑)
んが、
「なんかねー、”持ち替えます!”ってのが肩に出てる」
あ、やっぱり…(苦笑)
やっぱりカラダに入ってないので、その後の振りも、間はできたけどヨユウはまだまだない。
気持ちのね。うん。
それと、やっぱり起こすところから先が不自然つーか、つたないっつーか…
なかなかに容易に乗り越えがたいところです。

2.ビー玉の目
これはねー稽古初期になりがちなのですが、
大きい振りやキメのところとかは動きがあるから目が動くんですけど、
振りと振りの間とか、大きい振りにいくところとか、目が死んでしまう。
死ぬっていうか、止まっちゃう。
言われないとわかんないんですけど、言われるとはっとします。
たしかに止まってたなって。
「人形のビー玉の目みたいになってるわよ」
客観的に見たら、さぞコワイであろう・・・

「首を振るときだって、1と2と3で目の色が変わらなきゃ」

まったくです。と、師匠の目を見て思います。

3.腰を入れる」ということ
ようやく後半戦、手ぬぐいまで来ました。
素踊りなんで実際はほっかむりはしませんが、忍んで夜深に女性に会いにいくところです。
実はここだけではなく言われてるのは、体が上下すること。
軽さを出そうとかそういうことではなく、無意識に頭の高さが変わる。
腰が入ってないっちゅーことですよ。これってどーよ。
ほんとに自分でも情けないことです・・・

最近「腰を入れる」ということが、実は全然わかってないことが判明。
一番最初に師匠から教わったのは「空気いすに座る」でした。
「空気いすに座る」かー難しいなぁ、こんなかんじでいいのかなーと、
そのときのまま、なんとなくここまで来てしまったような…
15年、「これ」という正解が得られずぐずぐずしてます。っておいおい。
今更ながら模索中。
みんなに「腰を入れるってどうやってる?」って聞いて回りたいデス。


そんなこんなで、最後の笠までまたもやたどり着けずでした(笑)
来週のお楽しみです。
[PR]

by mew2_fish | 2007-05-22 11:20 | お稽古 | Comments(0)

<< 道のりは長い 前半戦!! >>